生鮮品ネットスーパー「perrot(ペロット)」フーディソンが公開

SHARE:
perrot
生鮮品ネットスーパー「perrot(ペロット)」

生鮮流通のデジタル化を手掛けるフーディソンは8月5日、生鮮食品のネットスーパー「perrot(ペロット)」の公開を伝えている。これは今年4月から開始した「うおポチマルシェ(β版)」の名称を変更したもので、このタイミングで商品ラインナップ等の拡充も実施している。

商品は魚や肉、野菜などの単品商品から、食材をセットにしたキットなどが選択可能。配送は注文日の翌日から1週間先までが選べる。配達時間は午後1時から5時までの間で指定は不可。送料は1回につき250円で、対象エリアは目黒区、品川区、港区、渋谷区、世田谷区、大田区、中央区から開始される。

perrot_anago.png
調理済みのキットも販売(写真の商品は穴子パックのみでごはんや卵は別途必要)

β版として運用していた際に得られたユーザーの声を元に、オマール海老や本マグロ、スペアリブといった珍しい食材に加え、すぐに使える一品ものなど日常利用しやすい商品構成とした。また、配送料についても従来500円としていたものを半額の250円に引き下げるなど、より利用しやすい価格帯に変更している。今後はエリアや商品ラインナップの拡充、定期購入などのサービスも検討している。