35億円調達のフォトシンス、キーレス社会の新戦略「Akerun ID」発表ーー三井不動産とは実証実験も

SHARE:
d11385-54-130824-2
三井不動産の新オフィスで開始した「Akerun来訪管理システム」の実証実験

スマートロック「Akerun」を開発・展開するフォトシンスは8月4日、キーレス社会を実現するアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence(アケルン・アクセス・インテリジェンス)」と新サービス「Akerun来訪管理システム」を公表した。三井不動産とは来訪管理システムにおいて実証実験も開始する。

また、同社はこれに合わせて増資の実施も公表している。第三者割当増資の引受先となったのは農林中央金庫、NTTドコモ・ベンチャーズ、31VENTURES、LINE Ventures、凸版印刷、BSPグループ、スクラムベンチャーズ、常陽産業研究所、グロービス・キャピタル・パートナーズなど。

これに新生銀行、日本政策金融公庫、みずほ銀行、常陽銀行などからの融資を加えて調達した資金は35億円。同社の累計調達額は50億円となった。さらに同ラウンドのリードインベスターを努めた農林中央金庫から大坪達也氏が社外取締役として就任する。調達した資金は「Akerun Access Intelligence」を推進するための研究開発費や、サポート、営業などの体制強化に投じられる。

スマートロック「Akerun」は鍵をクラウド化して利便性やセキュリティの向上を実現するIoTサービス。ユーザーの入退室を管理する法人向け「Akerun入退室管理システム」も合わせて提供しており、導入規模は4500社にのぼる。

公表された新戦略「Akerun Access Intelligence」は、ビジネスからプライベートまで全ての鍵をクラウド化する構想。ユーザーが普段利用している交通系ICカードやスマートフォン、社員証・入館証といった固有のIDをメールアドレスや電話番号といったデジタルのIDに組み合わせて「AkerunユーザーID」として登録する。これにより、オフィスやビル、自宅などでこのIDを鍵にさまざまな空間へのアクセスを可能にしようというもの。

d11385-54-541608-1
アクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence(アケルン・アクセス・インテリジェンス)」

また、この構想を具体的に推進するための管理クラウドサービスとして「Akerun来訪管理システム」を新たに発表した。従来、大型のオフィスビルではセキュリティゲートや受付などによるアクセス制限が設けられることが多く、来訪者の受付時に社名の手書きやこれらをデジタル管理する際の手間が問題視されていた。また、身分証明書についても目視では信頼性に欠けるという課題があった。

これを受けてフォトシンスでは既設のセキュリティゲートにも後付けで設置できる「Akerun来訪管理システム」を開発し、来訪者であっても交通系ICカードを「AkerunユーザーID」として事前登録しておくことで、これらのセキュリティをスムーズに通過できるようにした。

これまでAkerunを利用していた企業であれば、「Akerun入退室管理システム」と組み合わせることも可能で、従業員は来訪者と同じく、AkerunユーザーIDと紐づいたキーで決められた場所へのアクセスが可能となる。

今回出資した三井不動産とは同社が運営する日本橋室町三井タワー新オフィスにてこれらの来訪管理システムの実証実験も実施する。三井不動産はこれまでにもAkerunの利用を進めており、今回の協業につながった。

via PR TIMES