Alibaba(阿里巴巴)が支援する中国最大のPaaSスタートアップQiniu(七牛雲)、NASDAQへのIPOを申請

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


中国のクラウドサービス企業 Qiniu(七牛雲)は、アメリカでの上場により1億米ドルの資金調達を目指している。米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類によると、 Alibaba(阿里巴巴)の支援を受けたこの企業は、NASDAQ に上場する予定だ。しかし、Qiniu は1億米ドル以上の資金を確保しようとしている可能性がある。この金額は「登録料を計算するための見積に過ぎない」と申請書に記載されているからだ。

Qiniu(七牛雲)社長 Hugh Lyu 氏
Source: Qiniu(七牛雲)

今回の動きより前の2020年6月、Qiniu はシリーズ F ラウンドで1億4,100万米ドルを調達している。Qiniu の他の投資家には、2019年8月の同社のシリーズ E ラウンドに参加した YF Capital(雲鋒金融)、Matrix Partners China(経緯中国)、EverestLu Holdings(永禄控股)、Qiming Funds(啓明創投)などがいる。Alibaba 傘下の e コマース企業 Taobao(淘宝)は17.7%、Magic Logistics Investment が12.4%の株式を保有していることから、Taobao が Qiniu の最大の投資家となっている。

Qiniu がアメリカで IPO を計画しているのは、最近収益性が向上したためだ。Qiniu は、2020年の売上高は32%増加し1億6,620万米ドルに達した。純損失もまた、2019年の1,980万米ドルから2020年には290万米ドルに大幅に減少した。

2011年に設立された Qiniu は当初、Dropbox と同様のクラウドストレージサービスを提供していた。設立から3カ月後には、開発者向けの PaaS(Platform-as-a-Service)プラットフォームに軸足を移した。現在、Qiniuは、データの収集・配信・保存、クラウドベースのデータ処理・分析、ライブストリーミングなど、メディアクラウドとアナリティクスソリューションを提供している。

ビジネスコンサルティング会社の Frost & Sullivan は、Qiniu のIPO 目論見書の中で、Qinlu は2020年の売上高ベースで4.4%の市場シェアを持ち、現在の中国で最大級の PaaS 専業企業であると述べている。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】