モバイルゲームに興じる親たちが、広告主にとって魅力的なターゲットである理由とは(1/2)

SHARE:
アメリカのモバイルゲームする親たちは、ゲームに極めて夢中になっている。
Image Credit: Tapjoy

現在、コロナ禍で子供を持つゲーム好きの親たちはモバイルゲームに熱中している。そんな親たちのコロナ禍における特徴的な行動の一つが、多くのモバイルショッピングを行い、今後もそれを継続する傾向があると Tapjoy は明かした

重要な発見のひとつは、アメリカのモバイルゲームをする親たちはやめられない状態になっていることだ。Tapjoy は、〝オファー〟として知られる特別な広告を人々に提供。モバイルゲーム内で何かを得られるような仕組みを作った。例えばNetflixに月額登録すると、ゲームの中で無料で何かしらを入手できるというものだ。実際にTapjoyの〝オファー〟を利用する親たちのへ調査では、約9割がゲームをしていることがわかっている。

広告主が抱く大きな質問の一つは、パンデミックでゲームを始めた(あるいはもっと遊ぶようになった)モバイルゲーマーは定着するのかということであった。現在モバイルゲームをプレイしている人たちが、ホリデーシーズンをゲームに消費するかどうかを知りたかったのである。

結果は「イエス」。

Tapjoy のシニアマーケティングマネージャー Katy Fitzgerald 氏は、GamesBeat のインタビューで次のように述べている。

私たちは、人々が家でモバイルゲームをしていることを知っています。そして新型コロナが収束に向かう中にあってもゲームをする習慣は捨てられないため、ゲームを続けるつもりだと言っています。

58%の人が、より多くのゲームやアプリをダウンロードしていると回答していることもわかりました。また74%の人が、2020年は過去のどの年よりもモバイルゲームをプレイしていると回答しています。そして、これからもモバイルゲームをプレイするかどうかを尋ねたところ、答えは「イエス」でした。

現代の親たちは、モバイルゲーマーでありテクノロジーにも精通している。
Image Credit: Tapjoy

ゲームに熱中しているアメリカの親たちのグループでは、83%が2020年にモバイルゲームをより多くプレイし、そのほとんどが2021年中に継続するつもりだ。

Tapjoy によると、このような親たちの90%がモバイルでゲームをプレイしており、頻度としては毎日モバイルゲームをプレイしている人が70%だったとのこと。ただし、この調査の対象者は、すでにモバイルゲームをプレイしていて、ゲームに何かを求めてTapjoyのオファー調査にたどり着いた人たちなので、アメリカの親の90%がモバイルゲームをプレイしているということではないことに注意が必要だ。

しかし、このグループがモバイルゲームをプレイする際にどれだけ熱心であるかを示す興味深いデータであることは間違いない。この調査は、現代の親たちは、彼らの時代よりもはるかに多くのことに関心を持ち、技術に精通していることも示している。モバイルエコシステムに慣れ親しんでいるため、購入時にはすぐにスマートフォン、特にブランドアプリ、ソーシャルメディア、リワード広告を利用できる。

これは貴重な親のようなターゲットとの接点を持ちたい広告主にとって、大きなチャンスを意味すると Fitzgerald 氏は言う。

Tapjoy は今年、MobileVoice サービスを使ってアンケート調査を実施した。調査を引き受けるとゲーム内で無料でアイテムが貰えるものだ。このレポート「Tapjoy’s Modern Mobile Gamer 2021: Parents Editionは、広告主がターゲットにしたいと考えているグループの特徴を明らかにしていると Fitzgerald 氏は考える。

ゲーム開発者にとっての収穫

親の約79%は、ゲームこそモバイルで好きなことだと答えている。
Image Credit: Tapjoy

現代の親層に対応したコンテンツを開発すれば、すぐにでも視聴者を獲得することができる。親たちは常にゲームをプレイし、新しいゲームを積極的に探求している。彼らは無料プレイを好み、広告にも注目するので、クロスプロモーションのような戦術が成功する可能性が高いのだ。

この層を取り込むアプリは、ブランドにとってとても魅力があり、収益性が高くなることが想定できる。親たちは家庭全体を代表して購買決定を行うため、トップブランドにとって重要なオーディエンスと言える。

これらの親たちは90%がモバイルでプレイし、コンソールやハンドヘルド機でプレイするのは31%、PCでプレイするのは23%に過ぎないため、モバイルがより良いプラットフォームとなる。他の主要な消費者グループと同様に、親たちは2020年にモバイルゲームをプレイする時間を増やしている。

また、モバイルゲームは45%の親たちが子供と一緒にをプレイするのに対し、コンソール/PCゲームを子供と一緒にプレイするのは29%に留まる。そして約53%が3~6本のモバイルゲームを携帯電話に入れており、19%は10本以上を持つ。

親たちが好きなジャンルは、「アクション・アドベンチャー」「パズル」「マッチ3」「RPG」「言葉遊び」「バトルロイヤル」など。

モバイルゲームが親たちの関心を引く理由は何か?回答者は、楽しい広告が魅力的だと述べているが、社会的に意味があるかもゲームをダウンロードするように導くことができる。無料プレイも魅力的なモデルである。

後編に続く)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録