ついにNFTは戦隊モノにまで拡大、玩具大手Hasbroが初のNFTコレクションを販売

SHARE:
Hasbro is launching NFT collectible Power Rangers on WAX.
Image Credit: WAX

HasbroWAXブロックチェーン上のPower Rangers(訳注:日本の戦隊モノ)を発売することで、ノンファンジブル・トークン(NFT)コレクティブル市場に参入する。玩具とエンターテイメントの大手企業である同社は、Worldwide Asset eXchange(WAX)と提携し、WAXブロックチェーン上で非常に最初のNFTコレクションを公開した。

このコレクションはHasbro Pulseのみで期間限定で販売されており、Power Rangersシリーズをフィーチャーしている。この発表は本日、Hasbro Pulse Conイベントで行われた。Hasbro Pulseプレミアムメンバーは、太平洋時間の本日午後1時にHasbroPulse.comでこのコレクションを独占的に購入することができ、その後、太平洋時間の午後2時に一般公開されることになる。Hasbro Pulseのゼネラルマネージャー、Kwamina Crankson氏は次のようにコメントした。

「WAXとのパートナーシップにより、Hasbroとして初のNFTコレクションをPower Rangersシリーズとして提供できることを嬉しく思います。WAXのプラットフォームはファンがNFTやデジタル・コレクターズアイテムの世界に入るための簡単な入り口を提供してくれます。今回、ファンのみなさまには、特別仕様のDino Megazordと交換できる、ブロックチェーンを介して独自に取引されるPower Rangers NFTを使って、コレクションを拡大する機会を提供いたします」。

Above: Hasbro is launching limited edition NFTs.
Image Credit: WAX

HasbroのPower Rangers NFTドロップは、2021年10月24日(日)まで(在庫がある限り)提供され、Hasbroの特別版Power Rangers・コレクティブル・フィギュアである「ライトニング・コレクション・ゾード・アセンション・プロジェクト・スペシャル・エディション・ディノ・メガゾード」と交換することができる。

WAXの共同設立者であるWilliam Quigley氏は次のようにコメントしている。

「WAXはNFTイノベーションの先駆者であり、世界的なプレイ&エンターテインメント企業であるHasbroと協力して、同社の最も象徴的なブランドの1つであるPower Rangersをブロックチェーン・エコシステムに迎え入れることができました。当社のvIRL技術は、消費者がNFTを購入して物理的なアイテムと交換できるようにすることで、人々の買い物やコレクターズアイテムの取引方法を変えようとしています」。

換金可能なvIRL NFTを持つWAXのアカウントホルダーは、2021年11月1日に換金用コインがウォレットに入れられ、2021年11月8日までにスペシャルエディションのメガゾードと交換することができる。

WAXのミッションは最も安全で安心、環境に優しく、使いやすいNFTをマスマーケットに提供することだ。2018年、WAXはvIRL NFTを導入し、消費者製品企業がNFTを物理的な消費者製品に直接リンクさせることができるようにした。Quigley氏とJonathan Yantis氏が2017年に共同設立したWAXは、メジャーリーグベースボール(Topps MLB collectables経由)、カプコンの「ストリートファイター」、エンターテイナーのDeadmau5やWeezerなど、1億点以上のデジタルコレクティブルの取引を推進してきた。

GamesBeatへのメールでWAXは、このようなプロジェクトには、WAXの社内チームとHasbroの社内チーム双方の努力が必要であったと回答している。何カ月も前からHasbroとWAXは、このプロジェクトとターゲット層について会話をしていた。Hasbroのチームは、NFTの分野に真のチャンスがあると考え、これを次のレベルに引き上げてメインストリームとしたい思惑なのだそうだ。NFTが主流のECサイトで販売されるのは初めてのことになる。

話の始まりは2019年7月にさかのぼる。WAXとHasbroは、提案、実行、発売のタイムラインに12カ月を費やした。

HasbroがWAXのvIRL NFTを選んだのは、他のブロックチェーンの標準的なNFTとは異なるからだ。vIRL NFTは環境を第一に考え、エネルギー効率が高く、カーボンニュートラルなWAXブロックチェーン上で鋳造されている。vIRL NFTにはアプリやビデオゲームとの連携、マーケティングツール、ビデオコマース機能など、さまざまな機能が搭載されており、vIRL NFTと現実の商品をリンクさせることで、物理的な発送を必要とせずに所有権を移転することができる。

WAXはメジャーリーグのNFTトレーディングカードやFunkoのGarbage Pail NFTなどのパートナーシップも展開している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録