DNPとGaudiy、ブロックチェーン活用のコンテンツビジネス創出で業務提携

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

大日本印刷(DNP)と、ブロックチェーン技術を活用したファンエコノミー事業を展開する Gaudiy(ガウディ)は、アニメ・マンガ・ゲーム等の新しい知的財産(IP)を活かしたビジネス創出を目的として業務提携したことを明らかにした。メタバース関連の取り組みが国内外で進む中、海賊版ではない正規の IP のやり取りに関して、ブロックチェーン等の技術に期待が集まっている。両社は今回の業務提携により、新しいコンテンツサービスの創出に向けて共同研究を推進する。

Gaudiy は、ブロックチェーンを中心としたデジタル技術を活用して、ファンエコノミーの構築を推進するスタートアップ。エンターテイメント産業の課題解決に向け、大手コンテンツホルダーとも協業し、漫画・アニメ・ゲーム・スポーツ・音楽等の領域で、コンテンツとファンを直接つなぐコミュニティサービスを展開している。また、デジタルコンテンツの偽造や複製を防ぐため、非代替性トークン(NFT)などブロックチェーン関連技術を強みとして、日本のコンテンツを活かした世界規模のビジネス展開を目指す。

DNP は、多様なパートナーとの連携を図りながら、リアルとバーチャルの融合によって新しい体験価値を創出する「XR(Extended Reality)コミュニケーション事業」を展開。その一環として、 アニメ・マンガ・ゲーム等のコンテンツホルダーと協業し、リアルとバーチャル双方でコンテンツの魅力を発信し、コンテンツとファンや企業等をつなぐ新しいコミュニケーションモデルの創出に取り組んでいる。

コロナ禍以前よりアニメ・マンガIPとファンはデジタル世界で関係性を深めるのが当たり前になってきましたが、リアル世界が不要になったわけではなく、むしろリアル世界での体験価値はより一層高まっているのではないかと感じております。

ファンと共に時代を進めることを掲げられているGaudiy様はリアル世界での強みが多い弊社にとって理想的なパートナーであり、提携を通じてデジタル世界とリアル世界を繋げた新しいファン体験を創出していきたいと考えております。(大日本印刷 コンテンツコミュニケーション本部 イベント・MD 推進部 企画・ディレクション課 課長 上田 哲也氏)

DNP 様の印刷製造技術を中心としたリアル分野での強みと、Gaudiy のブロックチェーン技術を中心としたデジタル分野での強みを掛け合わせて、世の中に新たな価値を提供していきたいと考えています。

今回は、リアルでのグッズ購入と、ファンコミュニティでのデジタルコンテンツ配布を組み合わせた体験を実現しますが、今後も様々な取り組みに挑戦していきます。両社の特徴を生かして、様々なリアルなものにQR コードなどを利用したNFTの流通・還元の仕組みをつくるなど、DNP 様と一緒にワクワクする体験や新しい価値を届けていきたいと思います。(Gaudiy コミュニティマネージャー 上井 一起氏)

今回の業務提携の取り組みの第一弾として、DNP と Gaudiy は「東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA」で開催される『約束のネバーランド POP UP SHOP in 東京アニメセンター』と連動し、ファンコミュニティ向けにジェネラティブアート(コンピュータを使い、創造プロセスの一部に意図的に偶然性を取り入れたプログラムで作られたアート)を活用したデジタルコンテンツを提供する実証実験を開始する。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録