VRイベント&メタバース開発・運営のHIKKY、ドコモとメディアドゥから総額70億円調達しシリーズAをクローズ

SHARE:
Image credit: Hikky

VR イベント「バーチャルマーケット」などを開発する HIKKY は8日、総額70億円を調達してシリーズ A ラウンドをクローズしたことを明らかにした。同社は昨年11月、シリーズ A1 ラウンドで NTT ドコモから65億円を調達したことを明らかにしていたが、今回、シリーズ A2 ラウンドでメディアドゥ(東証:3678)から5億円を調達したものだ。

同社では、調達した資金を使って、VR コンテンツ開発エンジン「Vket Cloud(ブイケット クラウド)」など、VR 関連サービスの開発体制の強化、同エンジンを用いたオープンメタバースの開発・運営、バーチャルマーケットや Vket Cloud を含む VR サービス事業の国内外への拡大、組織基盤強化を行う。

HIKKY は、NTT 出身で、独立後、通信インフラ事業やクリエイティブ制作事業などを展開していた舟越靖氏により2018年5月に創業。年に2回、3DCGアイテムの展示即売会バーチャルマーケットを VR 上で開催している。今年初めには参加ブース数でギネス記録を獲得し、前回は世界から100万人以上が来場した。また、同社は AR ショッピングやバーチャルコマース事業なども展開している。

今回の提携により、メディアドゥは「本との出会い方」や「読書の仕方」についてメタバース空間を通し新しくて幅広い体験へと昇華させていくとしている。具体的には、メタバース空間で、ファンアートなどを介した交流や IP コラボの可能性を拡大させていく。また、メディアドゥグループのアニメ・マンガコミュニティ&データベース「MyAnimeList」を通じたシナジーも追求する。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録