DeFi不動産プラットフォーム「CitaDAO」、英不動産のIROで最低募集額1,170万米ドルに達せず

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


不動産取引のための分散型金融(DeFi)プラットフォーム「CitaDAO」は、参加者が仮想通貨を通じて不動産の賃貸から生じる収入を得ることができるようにする IRO(Introduction of Real Estate On-chain、不動産がオンチェーンに導入されること)のソフトキャップに達しなかった。

Image credit: CitaDAO

同DAO によると、イギリス・カーディフの物件で合計800万米ドル強、つまりプロジェクト成功とみなすために必要なソフトキャップ1,170万米ドルの約69%を調達したという。

今年初めに IRO 期間を開始し、ユーザは USD Coin(USDC)で出資することができるようになった。成功すれば、ユーザは貢献度に応じた報酬を毎日受け取ることができたはずだ。IRO でステークされた USDC は、CitaDAO の Webサイトで再取得が可能だ。

我々にとって、これは IRO のプロセスが、その不動産がオンチェーンに導入されるに値するかどうかをコミュニティが決定する投票メカニズムを反映するためにうまく機能していることを示すものだ。(CitaDAO の発表)

CitaDAO はまた、今後の IRO に向けて、より多くの不動産を準備する予定であることを共有した。

Ethereum エコシステム上に構築された CitaDAO は、不動産を所有する際の非流動性や物理的な距離といった障壁を取り除くという。また、不動産所有者は、同 DAO のプラットフォームに不動産を掲載し、独自の NFT を作成することができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録