Superblue、NianticのAR基盤「Lightship」を使った参加型アートプロジェクト「JR Reality」をローンチ

SHARE:
インタラクティブアートプロジェクト「JR Reality」
Image credit: Superblue

Superblue は、Niantic のAR(拡張現実)プラットフォーム「Lightship」を利用して構築された新しいインタラクティブアートプロジェクト「JR Reality」を発表した。

この参加型アートプロジェクトはアーティストの JR 氏によって制作され、5月16日に iOS と Android でローンチした。ロケーションベースの AR タイトル「ポケモンGO」や「NBA All-World」のパイオニアである Niantic の AR 技術を使用している。また、イノベーション企業の Nexus Studios がパートナーとなっている。

現在、アメリカでダウンロード可能なこのアプリでは、人々が個人的なストーリーを共有し、ニューヨークの何千ものジオマップされた場所を解除することが可能だ。JR Reality は、スマートフォンを持つ全ての人に、コミュニティの場所が自分にとって持つ意味を強調する AR 壁画を作成し、貢献するよう呼びかけている。

Superblue は、アーティストが最も野心的なビジョンを実現し、体験型アートで観客を魅了するためのサポートに専念している。同社は JR 氏の「Inside Out Project」と提携し JR Reality を開発、このプロジェクトをデジタルでグローバルなプラットフォームへと発展させている。

「JR Reality」は Niantic の AR プラットフォーム「Lightship」を利用している、

2013年以来、「Inside Out Project」は世界をパブリックなキャンバスに変え、現在までに140カ国、約50万人に可視性と代理性を与えてきた。そして今、このプロジェクトは世界規模に拡大し、リアルの場所に根ざした個人的な物語で満たされた共同バーチャルジャーナルを通じて、世界中のコミュニティを繋いでいる。

このアプリは、共有することでより強力となる。JR Reality は、コミュニティが外に出て、他の人が会話に参加し、自分のニーズに合ったユニークな方法でアプリを活用するよう動機付けることを奨励している。

JR Reality は、人々が自分たちの街を物語として記録するためのインタラクティブなプラットフォームを提供している。誰もが、ジオマップされた場所に肖像画や個人的な音声を添付し、デジタルなタッチポイントを残して、他の人が何年にもわたって発見することができる。JR Reality は、Niantic の 3D 世界地図を活用して主要なポイントを特定し、全てのモバイルデバイスが大規模なスケールでも同じ参照フレームを共有できるようにしている。

街で誰かとすれ違ったとき、その人がどんな物語を持っているのか気になったことはないでしょうか。あるいは、窓から顔を出して、そこに住んでいるのは誰だろう、どんな生活をしているんだろうと思ったことはないでしょうか。それを知る時が来たのです。

私の最新作「Reality」では、誰もが特別な場所に肖像画やボイスメッセージを残すよう誘われています。外に出て探検し、お互いに再会し、再び世界に自分の顔を見せるときです。一緒に、君の物語を世界に伝え、君の街に住む素晴らしい人々に会いましょう。(JR 氏)

「JR Reality」は、Niantic の AR 技術を使用している。

この仮想コミュニティ実験は、Niantic Lightship を搭載し、ジオロケーションと拡張現実を利用して、ユーザーに外に出て地元を探索し、生きた AR 壁画にお互いのための仮想メッセージを残すように誘っている。Niantic の「Lightship Visual Positioning System(VPS)」は、AR 壁画を現実の場所にセンチメートルレベルの精度で配置することを可能にし、ユーザがいつ訪れても壁画が正確にその場所にあることを保証している。Superblue は、ニューヨークで2,784ヶ所の VPS を起動させた。

Superblue の CEO Mollie Dent-Brocklehurst 氏は声明の中で、次のように述べている。

JR Reality のローンチにより、Superblue は、体験型アートの領域で最も意欲的なプロジェクトを支援するというミッションを継続できることに興奮しています。参加型の作品を世界規模で展開することで、JRと Superblue は拡張現実の最前線に立つことになります。Superblue は、人々がアートとテクノロジーの分野でつながることができ、最も重要なことは、互いにつながるための新しい革新的な方法を見つけることができる画期的な経験を支援することに専念しています。

「JR Reality」は、JR 氏が制作した。

Niantic の AR プラットフォーム製品マーケティング担当シニアディレクター Kaitlyn Lacey 氏は声明で次のように述べている。

JR Reality が Niantic Lightship のプラットフォームを使ってデジタルと物理の世界を橋渡しし、リビングアートのグローバルネットワークを作り上げたことに感動しています。各ロケーションは開かれた本のようなもので、誰もが自分だけのストーリーを残し、他の人の声を発見できるように誘われています。我々は、世界中で共有される〝YES AND〟な瞬間や思い出の素晴らしいタペストリーを想像しています。

JR は、パリ郊外からブラジルのスラム街、ニューヨークの街角まで、世界中の路上で自由に展示し、一般的な美術館の入場者ではない人々の注目を集め、キベラからイスタンブール、ロサンゼルスから上海まで、匿名の人々の巨大なポートレイトを貼りつけている。2011年には「TED Prize」を受賞し、その後、世界中の人々が写真を撮られ、それを貼り付けることでアイデアを支持し、経験を共有することができるグローバルな参加型アートプロジェクト「Inside Out」を立ち上げた。2022年1月現在、141カ国以上から45万人以上が参加している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録