スタートアップ育成型VCのAntler、シリーズA向けファンド「Elevate」を2.85億米ドル調達でクローズ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


世界的アーリーステージベンチャーキャピタル Antler は、新興成長ファンド「Antler Elevate」を2億8,500万米ドル調達しクローズした。

ロンドンで開催された Antler のデモデイ。ピッチするのは、Unclock の共同創業者兼 CEO の Maria Wlosinska 氏
Image credit: Antler

このファンドは、Antler のグローバルな拠点で創業者を支援し、シリーズ A ラウンド以降のスケールアップ資金を提供するものだ。Antler は、「野心的な考え方を持ち、製品と市場の適合性が高く、複合的な成長を示す」企業を支援する予定だ。

Antler の創業者兼 CEO の Magnus Grimeland 氏は、声明の中で次のように述べている。

より良い未来は自動的に訪れるものではなく、世界はそれを築くために、才能があり、意欲的で、回復力のある人々を必要としている。

Antler Elevate は、すでに30社以上に7,000万米ドル以上を投資している。その中には、クリプトスタートアップの XanPool、飲食チェーンの Pickup Coffee、フィンテックスタートアップの Volopay などがいる。

<関連記事>

このファンドの投資家には、M&G Catalyst、Schroders、Vaekstfonden、Korea Venture Investment Corp. などがいる。

同ファンドのベンチャー成長チームは、e コマース大手 Lazada の共同創業者である Martell Hardenberg 氏、元ソフトバンク副社長で Comcast Ventures の代表 Teddy Himler 氏、元 Prosus Fintech の M&A および投資のグローバル責任者 Fady Abdel-Noour 氏が中心となっている。

2018年以降、Antler は750社以上に投資してきたという。アジア太平洋地域では、オーストラリア、インド、インドネシア、日本、韓国、シンガポール、ベトナムにオフィスを構えている。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録