越境決済プロバイダThunes、シリーズCでVisaらから1,200万米ドルを追加調達——時価総額9億米ドル、ユニコーン目前

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポールに本社を置くグローバルなクロスボーダー決済企業 Thunes は、シリーズ C ラウンドで Visa、EDBI、Endeavor Catalystから1,200万米ドルを追加調達し、評価額は9億米ドルに達した。

Image credit: Thunes

これにより Thunes のシリーズ C ラウンドの調達総額は7,200万米ドルとなった。同社は今回の追加資金でネットワークの拡大を目指す。

資金調達の詳細(出典

  • 資金調達額:1,200万米ドル
  • 投資家:EDBI、Visa、Endeavor Catalyst
  • ステージ:ブリッジ
  • 評価額:9億米ドル

2016年に設立された Thunes のプラットフォームは、企業とその顧客がグローバルに支払を送受信できるようにする。同社は Grab、PayPal、Uber などの顧客の決済をサポートしている。Thunes はシンガポールに加え、ロンドン、上海、北京、ドバイ、香港、マイアミなどの地域にオフィスを構えている。

Thunes の CEO Peter De Caluwe 氏は、同社はもともとグローバル企業だが、彼が「ダイナミックなグローバル・フィンテック・ハブ」と呼ぶシンガポールに「深く入り込んでいる」と語った。

PricewaterhouseCoopers、Singapore Fintech Association、Singapore Economic Development Board による最近の報告書によると、シンガポールは企業が近隣諸国に進出するための「優れた架け橋となっている」。Thunes は今年4月、フランスの Autorité de Contrôle Prudentiel et de Résolution(健全性監督破綻処理機構)から決済機関ライセンスを取得した

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録