在宅医療向け夜間・休日診療支援「ON CALL」、1.5億円をプレシリーズA調達——「医師の働き方改革」目前に、往診最適化に期待

SHARE:
Image credit: on call

東京都内で在宅医療機関向けオンコール代行サービス「ON CALL」を提供する on call は29日、プレシリーズ A ラウンドで1.5億円の調達施したと発表した。このラウンドに参加したのは、インクルージョン・ジャパン、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、FFG ベンチャービジネスパートナーズ、Partners Fund。

on call は在宅医療機関向けのオンコール代行サービスを提供している。大きな病院に所属する若手医師を中心に往診対応毎にチームを組成し、医師とディレクター(看護師・救急救命士)の2名体制で往診を行っている。

在宅医療の労働環境は担い手不足の課題を抱えている。2024年4月以降に開始される予定の「医師の働き方改革」でさらに深刻化することが予想されている中、若手医師による在宅医療への参加を実現するため、柔軟な働き方による勤務を可能とする往診最適化アプリシステムとして、在宅医療機関向けオンコール代行サービスを提供している。

2022年4月に東京23区でサービス提供を開始してから対応件数3,000件を突破し、医師・看護師・救急救命士などスタッフも200名以上となっている。今後はさらに、医療× IT の専門分野を活かし、持続可能な在宅医療の提供体制を実現していくとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録