営業職の強化支援SaaS「ナレッジワーク」、45億円をシリーズB調達——コンパウンドスタートアップ目指す

SHARE:
Image credit: Knowledge Work

セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」を開発するナレッジワークは29日、シリーズ B ラウンドで45億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、、World Innovation Lab(WiL)、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)。これは同社にとって、2022年4月に明らかにしたシリーズ A ラウンドの 1st クローズ、2022年6月に明らかにしたシリーズ A ラウンドの 2nd クローズに続くものだ。GCP は過去ラウンドに続くフォローオンで、累積調達額は61.2億円に達した。

また、同社は今回の調達とあわせ、WiL パートナーの難波俊充氏、元 Fond 創業 CEO の福山太郎氏が社外取締役に就任した。WiL は、マルチプロダクト/SaaS のホリゾンタル展開戦略に強く、また、福山氏はコンパウンドスタートアップとして代表的な Rippling の経営陣と懇意にするなど、コンパウンドスタートアップに造詣が深いため今回参画してもらったという。Rippling は創業から6年で30個のプロダクトをローンチしており、時価総額は100億米ドル超え、いわゆる、デカコーンとして知られている。

<参考文献>

<関連記事>

ナレッジワークは2020年4月、リンクアンドモチベーション出身で「モチベーションクラウド」のローンチに携わった麻野耕司氏らにより創業。社内にはデザインマネージャーを筆頭に、グッドパッチ出身者が数多くメンバーにいるという。「働くことをよくする」を合言葉に、ナレッジワークを2020年10月にステルスローンチ、2022年4月に正式ローンチした。ナレッジワークは、誰もが売れる営業になれる営業力メソッドがセールスイネーブルメントを SaaS ベースで開発している。

Image credit: Knowledge Work

セールスイネーブルメントでは、ナレッジ(営業資料や動画)、ラーニング(営業の学習プログラム作成)、ワーク(アポ作成や商談アジェンダ作成)、ピープルの4つの領域が必要になるという。これまでナレッジの仕組みを開発してきたが、「当初想定していたより大手企業への導入が進んだ(麻野氏)」として、MVP(マーケットプロダクトフィット)フェーズはひとまず完了したととらえ、今後、ラーニング、ワークなど隣接領域(営業職と営業職に隣接した領域)のプロダクト開発に着手する。

ナレッジワークでは、今後3年間でプロダクトを10個ローンチする計画だ。平均して1年に3〜4つ出すことになるが、これにより、売上を積み上げられるコンパウンドスタートアップを目指すという戦略だ。社外の販売代理店、コールセンター、販売職など、ナレッジワークが貢献できる領域を拡大していく。具体的には、2024年4月にセールス職向けのワーク領域の新プロダクト、2024年7月にセールス職向けのラーニング領域の新プロダクトをローンチする計画だ。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録