グリーンランドのArctic Ice、ドバイのバーへ氷河氷を輸出開始——地元には新収入源、環境影響を気にする声も

SHARE:
Arctic Ice の共同創業者 Malik V Rasmussen 氏
Image credit: Arctic Ice

<ピックアップ> Greenland startup begins shipping glacier ice to cocktail bars in the UAE

グリーンランドのスタートアップ Arctic Ice が、グリーンランドの氷河の氷を UAE(アラブ首長国連邦)の高級カクテルバーに供給し、国際的な注目を集めている。この氷は、その純度と希少性から、グリーンランドの環境保護と経済的に自立に一役買っていると主張されている。

Arctic Ice は、グリーンランドのフィヨルドから採取した氷を UAE に輸送し、高級バーで販売している。氷河の氷を使用することで、通常の氷よりも泡が少なく、溶ける速度が遅く、さらに高い純度を誇るとしている。同社の web サイトによれば、これらの氷は北極圏の氷河から10万年以上もの間凍り続けており、地球上で最もクリーンな H₂O であるそうだ。

Arctic Ice は2022年にスタートし、最初の20トンの氷を最近発送した。しかし、一部のソーシャルメディアのユーザは、地球温暖化の影響を考慮すべきだと批判的なコメントを寄せ、Arctic Ice の創業者たちを驚かせた。Arctic Ice はこの氷が環境に優しく、社会的価値があると強く主張しており、また、氷はグリーンランド周辺の氷山から崩れ落ちたものであることを強調している。

同社のサプライチェーンでは、氷をグリーンランドからデンマーク経由でドバイに輸送しているが、今後、輸送時の二酸化炭素削減や二酸化炭素吸収技術の活用を検討している。Arctic Ice の共同創業者 Malik V Rasmussen 氏は、環境保護と同時にグリーンランドに新たな収入源を創出し、経済的自立を図ることが彼らの目的であると述べている。

しかし、一部の批判者は、氷河の水を売る前に地球温暖化への対策を考えるべきだと指摘し、Arctic Ice のビジョンには疑問を投げかけている。Arctic Ice は今後、サプライチェーンの確立やカーボンフットプリントの詳細な計算などを通じて、環境への影響を最小限に抑えつつ、氷の販売を拡大していく方針だ。

via The Guardian

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録