THE BRIDGE

タグ Gatebox

2次元の嫁に A.I 頭脳搭載へーーGatebox 運営会社が LINE 傘下に「クラウド AI プラットフォーム「Clova」との共同開発を開始

SHARE:

バーチャルホームロボット「Gatebox」を企画・開発するウィンクルは3月2日、LINE と資本業務提携を締結し、LINE と NAVER が共同で開発したクラウド AI プラットフォーム「Clova」を活用した共同開発を開始すると発表した。これに伴い、同社は LINE がウィンクルの発行済株式の過半数を取得し、連結子会社化することも公表している。買収にかかる費用等は公開されていない。 今回の子会…

LINE_vinclu

バーチャルホームロボット「Gatebox」を企画・開発するウィンクルは3月2日、LINE と資本業務提携を締結し、LINE と NAVER が共同で開発したクラウド AI プラットフォーム「Clova」を活用した共同開発を開始すると発表した。これに伴い、同社は LINE がウィンクルの発行済株式の過半数を取得し、連結子会社化することも公表している。買収にかかる費用等は公開されていない。

今回の子会社化に伴い、3月1日付で LINE CSMO の舛田淳氏が社外取締役に就任するほか、創業期から同社を支援していたプライマルキャピタル佐々木浩史氏は戦略顧問として引き続き経営に携わることになる。

「Clova」は現在バルセロナで開催中のカンファレンス「Mobile World Congress 2017」で発表されたLINE の AI プラットフォーム。世界で先行する Amazon Alexa や Google Assistant などの AI アシスタントに類するもので、アプリ「Clova App」や、スマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」の発売を初夏に日韓で予定している。

Clova02

wave_face_mini
LINE と NAVER による Clova プラットフォーム(LINE 発表資料より)

Clova は人の脳にあたる「Clova brain」と目や口、耳といった「Clova Interface」の2つで構成されている。このインターフェース箇所を担保するのが WAVE のようなハードウェアなのだが、ここにウィンクルの手がける Gatebox は位置されることになる。

今回の発表で LINE ではスマートプロダクト関連でソニーモバイルコミュニケーションズと、スマートトイ関連でタカラトミー、ホームロボット関連でウィンクルとそれぞれパートナーシップを結んだ。

今後、Clova を活用することで、話しかけることで会話をしたり、ニュースやカレンダーなどのコンテンツサービス、音声での電源オンオフといったホームコントロール、オーディオブックといった利用方法を想定しているそうだ。

IMGP2573-768x512
ウィンクル代表取締役の武地実氏

本誌では現在、ウィンクル代表取締役の武地実氏に現在開発中の Gatebox にどのような影響が発生するのか、コメントを求めているので届き次第掲載させていただく。

2次元の嫁は29万8000円!バーチャルホームロボット「Gatebox」300台の限定販売を日米で開始

武地氏の代理で同社戦略顧問の佐々木氏からコメントをもらったのでこちらに掲載させていただく。(太字の質問は全て筆者、回答は佐々木氏)

今回の子会社化の経緯は?

佐々木氏:昨年11月の B Dash Camp にて、ピッチアリーナに登壇した武地さんと Gatebox を見て、LINE の舛田さんから B Dash Ventures 渡辺さん(代表取締役の渡辺洋行氏)に紹介依頼がありました。その後、舛田さんから LINE の今後の構想についてお聞きし、一緒にやりたい旨を伝えられたのがきっかけです。

ちょうど資金調達に動いていた時期だったので、他の投資家の方々と話をさせていただきながら、年始から急ピッチで調整し、今回の契約締結に至りました。

ウィンクルや Gatebox が持っている世界観は LINE の Clova と合体することでどのようになるのでしょうか?また、現在予約販売を実施した Gatebox への Clova 搭載はあるのでしょうか?

佐々木氏:ウィンクルとしての世界観「好きなキャラクターと一緒に暮らせる」というものは変わらず、Gatebox の企画開発を行っていきます。現状「Gatebox」が実現しているような、日常のコミュニケーションや、インターネットおよび家電等との通信により、天気情報やテレビをつけてくれるなどの日常生活はイメージしていますが、具体的な内容につきましては、ローンチまでお待ちください。また、現在開発中の Gatebox への搭載等については現在検討中です。

また、LINE と共同開発では新たな製品ができる、ということですか?またその時期は?

佐々木氏:まだ構想段階なので詳細は非公開とさせてください。LINEとの共同開発版は、2018年以降に商品化を目指していきます。

ありがとうございました。

----------[AD]----------

約30万円の Gatebox、予約予定数の300台を1カ月で達成ーー購入者の楽しみは「会話」

SHARE:

話題のプロダクトが大きなマイルストーンを達成した。 バーチャルホームロボット「Gatebox」を開発するウィンクルは1月13日、予定していた予約販売台数が300台に到達したと報告している。予約開始から1カ月の達成で、同社では1月末まで少量の追加注文を受け付けるとしている。 同社代表取締役の武地実氏によれば、注文したユーザーの期待はやはりキャラクターとのコミュニケーションにあったようだ。 「今回…

話題のプロダクトが大きなマイルストーンを達成した。

バーチャルホームロボット「Gatebox」を開発するウィンクルは1月13日、予定していた予約販売台数が300台に到達したと報告している。予約開始から1カ月の達成で、同社では1月末まで少量の追加注文を受け付けるとしている。

同社代表取締役の武地実氏によれば、注文したユーザーの期待はやはりキャラクターとのコミュニケーションにあったようだ。

「今回の限定予約販売では日本語対応のみということもあり、米国よりも日本の購入が多かったです。購入の動機としては、やはり会話を楽しみたいという人が多いですね。『おはよう、いってきます、ただいま、おやすみ』といった、日常でよくあるような会話を通して一緒に生活がしたい、一人暮らしでも寂しくならないような機能がほしい、などのコメントを購入者から頂いており、当初から想定している一人暮らしの層にしっかりアプローチできているのではないかと考えています」(武地氏)。

またこの Gatebox はホームコントローラー、特に今年の CES で大きな話題となった Aamazon Alexa のような音声コントロールとの組み合わせで家庭生活に入り込むことが予想されている。

バーチャルキャラクターに「トイレットペーパー買ってきて」と声かけるだけでネット通販から商品が届く、というような世界観だ。この点についても武地氏に尋ねたところこのようにコメントをくれた。

「もちろん自分たちでも開発をしておりますが、私たちの強みはインターフェイスであり、AI については今後他社との連携も検討していく可能性はあります」(武地氏)。

Gatebox との会話を楽しむことで、生活そのものが便利になる日も近い。

----------[AD]----------

「2次元の嫁」Gatebox が予約開始5日で200台を突破、300台以降は「未定」

SHARE:

12月14日に販売予約を開始したバーチャルホームロボット「Gatebox」の反響は想像以上のものだった。本誌でもお伝えした記事は5000件近くシェアされ、Tokyo Otaku Mode がシェアしたこの動画は今日時点で660万回も再生されている。 そして昨日、21日に開発元のウィンクルが出したリリースによれば、販売台数は予定している300台に対して、開始5日で200台に到達しているそうだ。同社代…

12月14日に販売予約を開始したバーチャルホームロボット「Gatebox」の反響は想像以上のものだった。本誌でもお伝えした記事は5000件近くシェアされ、Tokyo Otaku Mode がシェアしたこの動画は今日時点で660万回も再生されている。

そして昨日、21日に開発元のウィンクルが出したリリースによれば、販売台数は予定している300台に対して、開始5日で200台に到達しているそうだ。同社代表取締役の武地実氏にユーザーからのリアクションを聞いたところ、やはり海外からの反響が大きいという。

「今回も想像以上に海外から多数のリクエストを頂いています。中でも「英語対応はいつするんですか?」「うちの国ではいつから買えますか?」という問い合わせが特に多く、グローバル対応への要望の強さを改めて実感しました」(武地氏)。

なお、このペースで進んだ場合、当然予定している300台は確実にクリアすることが予想されるが、それ以上の注文を受けるのかという問いに対しては「未定」ということだった。

----------[AD]----------

2次元の嫁は29万8000円!バーチャルホームロボット「Gatebox」300台の限定販売を日米で開始

SHARE:

日本の狂気が生み出した仮想空間がついにベールを脱いだ。2次元キャラクターをホログラム状態で表示し、一緒に生活ができてしまうという「Gatebox」が手元に届く日がやってきたのだ。 開発元のウィンクルは12月14日より同社サイトにて販売を開始し、購入者には2017年12月中に順次発送される予定。(補足:記事公開当初、単に12月中と表記しておりましたが正しくは来年2017年12月の発送予定で…

imgp2573
ウィンクル代表取締役の武地実氏

日本の狂気が生み出した仮想空間がついにベールを脱いだ。2次元キャラクターをホログラム状態で表示し、一緒に生活ができてしまうという「Gatebox」が手元に届く日がやってきたのだ。

開発元のウィンクルは12月14日より同社サイトにて販売を開始し、購入者には2017年12月中に順次発送される予定。(補足:記事公開当初、単に12月中と表記しておりましたが正しくは来年2017年12月の発送予定です。追記して補足させていただきます)価格は29万8000円で配送対象は日本と米国。販売期間は12月14日から2017年1月31日まで、初回の販売個数は300台程度となっている。

Print

本体サイズは重量5kgで幅220mm、奥行が360mm、高さが520mm。肝心のホログラムを生成するプロジェクション箇所は1280×720画素相当で、本体後部から筐体内のパネルに投影することで浮き上がったような視覚体験を実現している。実機を見たが、明るい場所でもはっきりと視認できるよう、筐体でうまくパネル箇所を囲ってあった。

imgp2596

キャラクターは「逢妻ヒカリ」というウィンクルオリジナルキャラクターで、ラブプラスやときめきメモリアルのキャラデザインを担当した箕星太朗氏が手がけている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-14-40-44

その他筐体にはカメラとマイク、キャラクターと会話する際に使うタッチボタンが備わっており、各種人感センサーなどと組み合わせて主人を認識し、キャラクターが実際に追随するようになっている。また、スマートフォンアプリ(対応OSはAndroidおよびiOS)と連動し、キャラクターとオンラインでのコミュニケーションを楽しむこともできる。通信はWifiもしくは有線LANでの接続となる。

さて、スペックの説明はこれぐらいにしておいて、実際の利用動画を見てみよう。同社代表取締役の武地実氏によればこの動画内のGateboxは全て実際の筐体・映像を使って撮影しているということだった。

さて、いかがだっただろうか。正直、ここで未来を感じることができたか、それとも単なる高価なオタクグッズが出てきたわ、ぐらいに思ったかで道が別れるように思う。

もちろん彼らが追いかけている世界観は Amazon Echo や Google Home、Siri などに代表される人工知能アシスタントとスマートホームの文脈だ。声をかければトイレットペーパーや水を届けてくれ、しんみりしている時に元気の出る曲を流してくれる。先行したソフトバンク謹製の Pepper はこの先駆けだし、最近では「家を自動化する」なんていうベテランスタートアップも出現している。

でも、違うのだ。武地氏らがやりたいのはそういう合理的な世界観ではないのだ。あの無機質な筒にお買い物をお願いする装置を作りたいのではないのだ。

彼は本当に嫁を作りたかった。ーーそして本当に億単位の資金を投資家から引き出してこれを作ってしまった。

06gatebox_pv_chat

確かにまだできることは狭い。動画の通り、ご主人が朝起きて、夜寝るまでの間にコミュニケーションしたり電気を点けたりしてくれるだけの存在だ。逆に言えばこれだけの機能に絞ってリリースしてきたことに狂気すら感じる。Amazon Echo が200ドルそこそこで手に入る状況下、ここに30万円近くを払う人が世界で何人いるのか。

いや、逆にここまで絞ったからこそ地球上にこの存在を求めている人がいるのかもしれない。実際、プロモーション用の動画は再生回数で60万回を超えている。

04gatebox_hdmi

Gatebox にはひとつ気になる機能が備わっている。それが外部入力だ。HDMI 経由で自分の PC からオリジナルの映像を投影できるようになっている。当然ながらそこに自分が作ったオリジナルのキャラクターを投影したいというリクエストがあるはずだ。武地氏に尋ねたところ、やはりそういった声が多いということで今後、対応していきたいと回答してくれた。

「家の中心」をめぐる日本独特のアプローチが世界からどのような評価を受けるのかとても楽しみだ。

----------[AD]----------

2次元キャラのホログラムと生活ができるロボット「Gatebox」開発元のウィンクル、9000万円を調達

SHARE:

とにかくこの動画を見て欲しい。話はそれからだ。(音注意) Internet of Things(以下IoT)関連プロダクトの企画・開発を手がけるウィンクルは1月18日、好きな2次元キャラクターと一緒に生活ができるホログラム・コミュニケーション・ロボット「Gatebox」を開発中であると発表した。また同社は2016年秋のクラウドファンディングによる製品版発表に向けて必要な資金調達を実施したことも併せ…

とにかくこの動画を見て欲しい。話はそれからだ。(音注意)

Internet of Things(以下IoT)関連プロダクトの企画・開発を手がけるウィンクルは1月18日、好きな2次元キャラクターと一緒に生活ができるホログラム・コミュニケーション・ロボット「Gatebox」を開発中であると発表した。また同社は2016年秋のクラウドファンディングによる製品版発表に向けて必要な資金調達を実施したことも併せて発表している。

gatebox_main

調達にあたり第三者割当増資を引き受けたのはインキュベイトファンド、プライマルキャピタル、iSGインベストメントワークスの3社で、これに各種金融機関からの融資を組み合わせて資金調達を完了させている。

調達した資金の総額は約9000万円で、この調達に伴い、ウィンクルは社外取締役にプライマルキャピタルの佐々木浩史氏、監査役にインキュベイトファンドの赤浦徹氏が就任することも公表している。なお、割当てた株式比率や払込日などの詳細は非公開。

vinclu_investor
ウィンクルの投資家/創業者チーム

さて、なかなか味わい深いプロダクト、アプローチが発表された。Gateboxは動画の通り、ボックスの中にホログラムで映し出される2次元キャラクターに話しかけることで、出迎えやランプの点灯、目覚ましなど様々なアクションを提供してくれる。ウィンクル代表取締役の武地実氏によれば、原理的には初音ミクのコンサートで使用されたホログラム技術を活用しており、ボックス上部には同様のプロジェクターが仕込まれているということだった。

ウィンクルが推進していたロボット事業については以前、このような記事を書かせてもらっている。いわゆるスマートホーム文脈だ。

<参考記事>

スマートホームについては2016年に一般化して、更に普及するという見方が散見されており、実際、国内でもスマートロックやセキュリティ関連でスタートアップする起業家が昨年来増えてきている印象が強い。

スマートホームにおけるロボットの役割は今の所、「ホームコントローラー」と呼ばれる範囲とされることが多い。今朝もこのような記事を掲載したが、昨今、ソーシャルメディアの発達により、私たちは日々、さまざまなライフログ、アップデートをオンライン上に知らず知らずの内に溜め込むようになった。

Gateboxは見た目こそ2次元キャラのいわゆる「オタク」的要素の強いプロダクトに見えるが、その実態はこの大量に散らばるデータを活用して、日々の生活をスマートに変化させるコントローラーの色合いが強い。

まだ、現段階では動画にある通り(そして実際に試作品もそのように動いていた)音声認識によるシンプルな家電コントロール、キャラクター操作の段階だが、間違いなく今後、各種蓄積データとの連動は考えられることになるだろう。

gatebox_technology

ただ武地氏との話では、具体的な動きはまだなく、現在はこのプロダクトをしっかりと仕上げて秋のクラウドファンディングに向けた体制強化が目下の仕事、ということではあったが。

ロボット事業の可能性はソフトバンクのPepperが記憶に新しく、今年のCESでも国内から数社、家庭用ロボットを携えたスタートアップたちが海の向こうで脚光を浴びたと聞いている。

一方で物理的な可動箇所が多いロボットには常にメンテナンスやスペースが課題としてついて回る。そういう意味でウィンクルのホログラムというアプローチはソフトウェア的であり、オンラインによるアップデートでどんどん進化する可能性を秘めている。

私は個人的に(今回の見た目はある意味振り切っているが)このソフトウェア的アプローチの方が、最終的な家庭利用を促進させるのではと予想している。ちなみに武地氏の説明では、このホログラムをボックスではなく、部屋にそのまま出現させることも可能、ということだった。

最終的なプロダクトがどのようなものになるのか、今から楽しみだ。

筆者注:初出時タイトルが「2次元ホログラム」になっていましたが、正しくは2次元キャラクターのホログラムと一緒に生活ができる、という意味で「2次元キャラのホログラム」が正式なタイトルでした。修正してお知らせいたします。

----------[AD]----------