BRIDGE

タグ Uber Japan

ハイヤー配車のUberが、衣類を回収して東北に届ける「UberRECYCLE」を本日10月4日(日)限定開催

SHARE:

ハイヤー配車サービスという事業の仕組みを使って、「Uber」はこれまでもユニークな取り組みを行ってきました。国外ではUberEATSを展開し、今秋にはEコマースの配達をする予定。そんな需要と供給を即時にマッチングさせるという特徴を活かして、本日国内で展開するのが「UberRECYCLE」です。 10月4日(日)の午前10時〜午後3時までの間、東京都心部で実施されるUberRECYCLE。普段は配車…

UberCYCLE

ハイヤー配車サービスという事業の仕組みを使って、「Uber」はこれまでもユニークな取り組みを行ってきました。国外ではUberEATSを展開し、今秋にはEコマースの配達をする予定。そんな需要と供給を即時にマッチングさせるという特徴を活かして、本日国内で展開するのが「UberRECYCLE」です。

10月4日(日)の午前10時〜午後3時までの間、東京都心部で実施されるUberRECYCLE。普段は配車依頼に使うUberアプリから、衣類の即時回収を依頼でき、東北の経済復興活動を支援する団体に寄付することができます。

皆さんが寄付した衣類は、一般社団法人日本リ・ファッション協会を通じて、特定非営利法人 ザ・ピープルと一般社団法人 あゆみの活動に使われます。衣類は、東北リサイクルショップで通常より安い価格で販売されたり、東北の仮設住宅で中古Tシャツを素材に布ぞうりを作る人たち(ふっくら布ぞうりの会)の元にも届けられるとのこと。

Uberは、世界各都市でUberGIVINGという取り組みを行っています。例えば、シリア難民に向けて洋服などを集め、それをヨーロッパの各都市のUberオフィスがNPO団体に寄付をしたことも。そんなUberGIVINGを日本でも展開することに。10月と言えば、「リデュース・リユース・リサイクル(3R)」推進月間。未だに経済的自立が難しい東日本大震災で被害を受けた人たちの生活に貢献しようと、今回の企画に至りました。

衣類の回収は、事前に登録しているボランティアドライバーが自家用車に乗って行います。衣類のまとめ方や回収リクエストの方法などは、こちらをご覧ください。

 

Uberが今年もアイスクリームをオンデマンド配達ーー59ヶ国、254都市同日開催【7日24日(金)限定】

SHARE:

昨年に引き続き、今年もまた「Uber Ice Cream」(昨年の写真レポート)がきました。ハイヤー配車の「Uber」が、本日7月24日(金)の一日限定で、アイスクリームをオンデマンドで配達してくれます。 手数料として1,500円がかりますが、なんとアイスクリームは無料(ハーゲンダッツのミニアイスクリーム6個)。おまけに、特製Uberグッズもついてくるとのこと。昨年は、UberのサングラスやらTシ…

ice-cream_Uber

昨年に引き続き、今年もまた「Uber Ice Cream」(昨年の写真レポート)がきました。ハイヤー配車の「Uber」が、本日7月24日(金)の一日限定で、アイスクリームをオンデマンドで配達してくれます。

オンデマンドで届くアイスクリーム
オンデマンドで届くアイスクリーム

手数料として1,500円がかりますが、なんとアイスクリームは無料(ハーゲンダッツのミニアイスクリーム6個)。おまけに、特製Uberグッズもついてくるとのこと。昨年は、UberのサングラスやらTシャツなどが配られました。

アイスクリームのオンデマンドデリバリーの開催期間は、7月24日(金)11時〜17時まで。この間にUberのアプリを開き、車種選択画面で「ICE CREAM」を選択。配車場所を設定し、リクエストをタップすればOK。数分でアイスクリームが届くそう。

Uber Ice Creamは、59ヶ国、254都市同日開催の一大イベント。東京では2回目ですが、グローバルでは4回目の開催となります。東京都心部の対象エリアであれば、オフィスでも自宅にでも届けてくれます。

早くも常夏な東京の夏をひんやり吹き飛ばしちゃいたい方は、ぜひご利用あれ。プレゼントが当たるSNSコンテストについては、リリースをご覧ください。

Uberが産学連携機構九州と共に、ライドシェアの「みんなのUber」を福岡市限定で提供

SHARE:

Uber Japanが、ニューヨークなどで既に提供されている相乗りサービスを福岡で開始するそう。「みんなのUber」と名付けられたこのプログラムは、産学連携機構九州と連携して提供されるもの。 みんなのUberは、移動手段が必要な時に、近くで車を運転している人と即時にマッチングしてくれます。利用可能エリアは、福岡市・春日市・志免町・糟屋町。その他の条件としては、乗車時間が60分以内であること、また1…

Minna-no-Uber
Uberのブログ記事から

Uber Japanが、ニューヨークなどで既に提供されている相乗りサービスを福岡で開始するそう。「みんなのUber」と名付けられたこのプログラムは、産学連携機構九州と連携して提供されるもの。

みんなのUberは、移動手段が必要な時に、近くで車を運転している人と即時にマッチングしてくれます。利用可能エリアは、福岡市・春日市・志免町・糟屋町。その他の条件としては、乗車時間が60分以内であること、また1週間の乗車回数が5回以下であること。今回のプログラムは非営利目的なため、有益なデータを収集するために無料で利用できます。

毎日、世界中で100万人以上に便利で安全な移動手段を提供しているUber。福岡は、そんなUberにとって全世界で282番目の都市、日本では東京に続いて2都市目です。東京に継ぐイノベーションハブとも言える福岡は、起業家育成にも力を入れており、そんな福岡市や髙島市長のビジョンへの共感もあって今回の連携に至ったそう。

Uberは産学連携機構九州との提携を通じて、スマートシティ構築に向けた取り組みやリサーチを行う研究機関等と連携します。地域間による傾向や需要などを検証していくことで、福岡市の交通ニーズを把握することが最大の目的です。Uberから提供される匿名・グループ化された乗車データを、産学連携機構九州は九州大学の研究プロジェクトである「共進化社会システム創成拠点」や「福岡地域戦略推進協議会スマートシティ部会」などで活用していきます。

みんなのUber上で運転する人は全員、身元確認や運転履歴の審査を行った上でプログラムに参加している人ばかり。また、適切な自動車保険の適応の確認などを徹底することで、安全かつ便利なライドシェア体験を実現していきます。みんなのUberのドライバーとして参加したいという方は、参加希望フォームにから申し込みできます。

WSJには、ニューヨークでは この相乗りサービスがあまり機能せず、結局1人の寂しい移動になっていると指摘する記事が。記事にもあるように、おそらくこれはニューヨーカーならではの傾向。福岡でどんな風に活用され、それが都市づくりにどう活かされていくのか期待したいと思います。

写真ケーキオンラインショップの「PICTCAKE」とUBERが女子会応援キャンペーンを開始

SHARE:

スタートアップ同士のコラボが続いていますが、今日から新たにコラボするのが写真ケーキオンラインショップの「PICTCAKE(ピクトケーキ)」とタクシー配車の「Uber」です。ピクトケーキは、スマホ専用アプリやPCを使ってお気に入りの写真をカスタマイズし、オリジナルの写真ケーキが作れるサービス。 女子会応援キャンペーン「GIRLS PARTY PIN UPs」は、2月中にピクトケーキを買って女子会を開…

PICTcake_UBER2nd_s-03

スタートアップ同士のコラボが続いていますが、今日から新たにコラボするのが写真ケーキオンラインショップの「PICTCAKE(ピクトケーキ)」とタクシー配車の「Uber」です。ピクトケーキは、スマホ専用アプリやPCを使ってお気に入りの写真をカスタマイズし、オリジナルの写真ケーキが作れるサービス。

女子会応援キャンペーン「GIRLS PARTY PIN UPs」は、2月中にピクトケーキを買って女子会を開催した人全員に、Uberの最大4,000円分の無料クーポンがついてくるというもの。2月といえば、バレンタインがあったり、年度末だったりで忙しくなる人も多いはず。女子だけでほっとする場を設けてほしいとの思いが込められています。

このコラボのきっかけは、パーティで一緒になった2社が何か一緒にできないか?と考えて実現したものだとか。20代から30代でテクノロジーに明るいユーザーという2社の共通ターゲットを考えて、今回のようなキャンペーン内容になりました。

また、ピクトケーキが写った女子会の模様を#bakeuberのハッシュタグと共にInstagramに投稿し、最多の「いい ね」数を獲得した人には、有名ホテルでの宿泊券(4名様分:約10万円分)やUberのクーポン券10,000円分のプレゼントなどがあるそう。

詳細は、キャンペーン特設ページをご覧ください。素敵な女子会になりますように。

本日クリスマスイブ限定で、Uberがサンタとアーティストによるクリスマスソングをお届け

SHARE:

タクシー配車サービスの「Uber Japan」が、クリスマスイブの本日、12月24日に、プレゼントを持ったサンタクロースとクリスマスソングを演奏するアーティストのオンデマンドデリバリーを行うそう。時間は、本日11時から16時限定。 プレゼントは、LUSH(ラッシュ)、Starbucks、カップケーキで知られるMagnolia Bakeryなどによるスペシャルクリスマスプレゼント袋。プレゼントの数は…

Uber-Tokyo-Christmas

タクシー配車サービスの「Uber Japan」が、クリスマスイブの本日、12月24日に、プレゼントを持ったサンタクロースとクリスマスソングを演奏するアーティストのオンデマンドデリバリーを行うそう。時間は、本日11時から16時限定。

プレゼントは、LUSH(ラッシュ)、Starbucks、カップケーキで知られるMagnolia Bakeryなどによるスペシャルクリスマスプレゼント袋。プレゼントの数は1回のデリバリーにつき、3つまで。生でパフォーマンスをしてくれるアーティストには、アメリカのSXSWにも出演したMayu Wakisakaさん、Emi U laughさん、Youtube発、全てのパートを自分の声だけで演奏するアカペラ・シンガーの よういんひょく さんなどが登場します。

Uber Japan のクリスマスオンデマンドは無料で利用できますが、東日本大震災で影響を受けた東北の子ども達にもクリスマスの輪を広げるため、東北の子ども達をサポートするNPO団体に、3,000円以上の寄付をお願いしています。集まった寄付金は、Uber がNPO団体に送るそう。

クリスマスオンデマンドの注文は、本日11時から16時の間にUber のアプリを開き、車種を選ぶ画面で「X’MAS」を選択。あとは、希望する届け場所をピンで合わせてリクエストボタンをタップするだけ。あとはサンタを待ちましょう。

オフィスに来て会社のみんなに歌ってもらうもよし、自宅に呼んでプライベートなパフォーマンスを楽しむもよし。アーティストやギフトの詳細については、Uber Japan のブログをご覧ください。

駐車場シェアリングサービスのあきっぱと配車サービスのUberがコラボキャンペーンを開始。都心の駐車から目的地までの移動をスムーズに

SHARE:

駐車場のシェアリングサービスを提供する「あきっぱ」が、Uberとコラボしたキャンペーンを開始したと発表した。キャンペーンの内容は、あきっぱの会員に対して初回Uber利用の4,000円分の無料クーポンコードを発行するというものだ。 キャンペーンの狙いは、都心における移動を容易にする、ということが目的だという。都心やイベント施設へクルマで移動をした際、必ずしも施設に近い場所に駐車場があるわけではない。…

Uber_akippa

駐車場のシェアリングサービスを提供する「あきっぱ」が、Uberとコラボしたキャンペーンを開始したと発表した。キャンペーンの内容は、あきっぱの会員に対して初回Uber利用の4,000円分の無料クーポンコードを発行するというものだ。

キャンペーンの狙いは、都心における移動を容易にする、ということが目的だという。都心やイベント施設へクルマで移動をした際、必ずしも施設に近い場所に駐車場があるわけではない。また、駐車した場所から徒歩や電車で目的地に移動するには手間がかかる。そこで、例えば目的地から数キロ程度のあきっぱの駐車場にクルマを停車し、そこから目的地までUberで快適に移動してもらおう、ということが狙いだ。

では、このキャンペーンにどこにユーザにメリットがあるのか。実は都心で生活している方はよくご存知かもしれないが、都心の駐車場は高額で1時間程度でも1000円以上の駐車代がかかり、到底4,5時間程度の駐車をすることはできない。駐車場問題を解決しようとしているあきっぱにとっても、クルマを所有しているユーザが都心に容易に移動してくれるようとした結果、今回のキャンペーンへと至ったという。

実際にあきっぱの駐車場をみてみると、例えば南青山や表参道、六本木といったエリアに行きたいと考えた時、六本木7丁目にあるこの駐車場は、一日あたり1500円という料金になっている。対して、この近辺の駐車場は2,30分300円程度だ。このあきっぱの駐車場にクルマを停め、そこからUberで移動して買い物や映画などを楽しんでも通常の駐車場に停めるよりも費用は安く抑えることができるかもしれない。他にも、渋谷区富ケ谷にあるこの駐車場にクルマを停め、渋谷での買い物やライブが開催される代々木体育館などで4,5時間程度を過ごすこともでき、遠方から都心に来る人にとっても、買い物やドライブなどをスムーズに行うことができる。

あきっぱで駐車場問題を解消し、目的地までのちょっとした移動をUberを使って快適に移動する、といったオンデマンドやシェアリングサービスを駆使して快適な生活を送ることも可能になるかもしれない。本キャンペーン期間は、10月末までとなっている。これを機会に、あきっぱを使ってみるといいかもしれない。

6大陸45カ国、205都市を制覇したUber、規制するアジアと対抗馬不在の日本

SHARE:

<ピックアップ> Uber is in 24 new markets, 205 cities, 45 countries, 6 continents Uberは6大陸、45カ国、205都市を制覇 ほぼ、毎日のように海外(北米、アジア)、そして国内と話題を絶やさないUberですが、8月28日時点でGigaomに6大陸、45カ国、205の都市を制覇したと出ておりました。競合と言われて久しい…

In_Which_Cities_is_Uber_Currently_Available____Uber

<ピックアップ> Uber is in 24 new markets, 205 cities, 45 countries, 6 continents

Uberは6大陸、45カ国、205都市を制覇

ほぼ、毎日のように海外(北米、アジア)、そして国内と話題を絶やさないUberですが、8月28日時点でGigaomに6大陸、45カ国、205の都市を制覇したと出ておりました。競合と言われて久しいLyftですが、現時点(9月1日時点、目視で数えて)で米国64都市とその差は実は結構開いています。評価額に至っては、Lyftの直近調達ラウンド(2億5000万ドル調達)の7億ドルに対してUberの170億ドルとさらに開きは大きくなります。

勝負が決してるとみるや、Lyftの一部投資家からはUberによる買収を望む声が一部噴出、「UberがLyft買わないと核兵器になっちゃうぞ」という本当かどうかわからないコメントまで出てくるなど、投資サイドのえげつない側面が垣間みれてなかなか素敵だったりします。奇麗ごとじゃないでしょうがまあ、買収されたらLyftサイドをほぼ全員首にしそうな勢いで怖いです。

UberとLyftの攻防

そしてこの激しい戦いを続けるUber&Lyftで話題になったのがUber内部文章の発覚でしょう。The Vergeが報じたもので、「ブラックアンバサダー」という専門チームがLyftや競合サービスに対して注文とキャンセルを繰り返す妨害行為(CNNが報じるところでは5500回以上も実施)を指示するマニュアルが存在していた、というものです。小学生のピンポンダッシュのようなことをよもや170億ドル評価の企業がやるのかとこれまた感慨深い話題です。

A_ride_whenever_you_need_one_-_Lyft
激しい攻撃を受けるLyft。創業は2007年でUberより2年早い。Uberはお友達ではなかった

激しい空爆とテロ行為で疲れてしまったのでしょうか、Lyftは8月19日にCOOが辞任するという事態に陥っております。(ちなみにこのCOOの名前がTravis VanderZanden氏で、UberのTravis Kalanick氏と同じなのもなんだか奇妙な偶然です)一方、Uberはオバマ大統領のアドバイザをキャペーン・マネージャーとして迎え入れるなど、両社の差はこういうところでも見え隠れしております。

アジアのUber

Uberのアジア展開は現在、日本や中国など36都市で展開されています。なかでもインドは10都市での展開で、単体の国ではUSに次ぐ規模のようです。

ただ、やはり国によって規制が違っていたり、タクシーやハイヤーを活用する移動文化(雨が多い、道が狭い等)の違いなどから各国で展開の様子は異なります。例えば、インドネシアのジャカルタは禁止の動きとなっているようですし、同様に韓国でもそういう噂が出ていました。

またこういった規制によるブロックと呼応するように、各国ローカルのプレーヤーも動いています。

<参考記事>「物流のUber」はアジアですでに始まっているーーUberよりも先に

この記事で紹介されている香港のローカルプレーヤー2社の内、GoGoVanは先日、650万ドルの資金調達を実施してUberがかっさらっていく前の市場確保に動いています。ただ、残念なのは国内で、Uberを便利に活用するユーザーは多いのですが対抗になるプレーヤーは現時点で不在、最後の砦かと思っていたタクシー配車サービスまでUberに持っていかれそうになっています。なお、タクシー配車については東京に続いて、香港でも開始しているようです。

APIを公開したUber、日本でも利用事例

そしてここ最近の最大の話題がUberのAPI公開です。「物流の独占」と表現された、このプラットフォームは主にデリバリ系やホテル予約などのサービスと連携した事例が報告されていますが、国内でも第一号となる事例が公開されました。

<参考記事> 方向音痴解決アプリ『Waaaaay!』が日本初のUber APIと連携、『ぎぶあっぷ機能(Uber呼出し)』搭載

まさか迷子アプリの最終手段としてUberAPIが使われることになるとは、完全に斜め上からだったので意表をつかれまくりましたが、確かに正しいサービス提供のあり方だと思います。というか、近くのタクシー捕まえればいいじゃないか、などという野暮は言いません。

今日も発表ありましたが、お弁当のデリバリと連携したキャンペーンなども開始するようですし、様々なテストケースを通じて、本格的な「物流の独占」ポジションを粛々と構築しているようですね。

繰り返しになりますが、「ハイヤー&タクシー配車」だけではなく「物流プラットフォームサービス」も含めたポジションにはこれといった国内の対抗馬がまだ見当たりません。どの事業者が手を上げるのか、興味深く見守りたいと思います。

Uber Japanが8月28日限定でALSのチャリティ活動「Ice Bucket Challenge」オンデマンドを提供

SHARE:

Uberを単なるハイヤー配車サービスと捉えるのはあまりにも狭義で、むしろUberはあらゆるものを運ぶことができる物流サービスと捉えるほうがしっくり来る。先日も、Uber はワシントン D.Cでオンデマンドの宅配サービスを開始していて、7月にはUber Japanを含む世界各国で「Uber Ice Cream」を開催しました。 Uber Japanが次に取り組むオンデマンドサービスは、現在世界中で注…

uber-japan-ALS
Ice Bucket ChallengeにチャレンジしたUber Japan代表の髙橋さん

Uberを単なるハイヤー配車サービスと捉えるのはあまりにも狭義で、むしろUberはあらゆるものを運ぶことができる物流サービスと捉えるほうがしっくり来る。先日も、Uber はワシントン D.Cでオンデマンドの宅配サービスを開始していて、7月にはUber Japanを含む世界各国で「Uber Ice Cream」を開催しました。

Uber Japanが次に取り組むオンデマンドサービスは、現在世界中で注目を集めている「Ice Bucket Challenge」(アイス・バケツ・チャレンジ)です。筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療研究を支援するためのチャリティ活動。ALSとは重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、極めて進行が早く、まだ有効な治療法が確立されていません。日本にも約9,000人の患者さんがいます。

ALSのチャリティキャンペーンは、指名された人は24時間以内に100ドル寄付をする、または氷水を頭からかぶるのどちらかを選び、次の挑戦者を3人指名するというもの。日本でもトヨタ社長の豊田章男氏や、ソフトバンクの孫正義氏などが参加し、各種ソーシャルメディアで爆発的に広まっています。

Twitterが、ハッシュタグ「#Ice Bucket Challenge」を含むツイートの発信地をマップ上にヒートマップとして可視化しているのでご覧ください。

Uber Japanの今回のオンデマンドは、Uberのアプリで数タップすると、チャレンジに必要なものを届けてくれるというもの。先週、すでに香港とバンコクのチームが同じ取り組みを実施しており、東京が新たにそこに加わります。今回のIce Bucket Challengeの開催日時は、8月28日(木)11:00-16:00まで。対象エリアは、渋谷区、港区辺りを予定しています。

tokyo_ALS_Ice_Bucket先日、自らもIce Bucket Challengeの洗礼を受けたというUber Japan代表の髙橋正巳さん(その時の模様はこの動画で)は、こう話します。

「Uberのプラットフォームを使って、東京の皆さんにオンデマンドで参加する機会を提供することで、日本でのALSの認知度が少しでも向上すれば嬉しいです。参加者には氷水をかぶるのに加えて寄付もお願いしていますが、その他の料金は何もかかりません。一人でも多くの人にALSについて知ってもらうという本来の趣旨に貢献したいと思っています」

参加方法はというと、Uberのアプリを開き、車種選択画面より「ICE BUCKET」を選び、希望の場所を指定して配車依頼をします。氷水が入ったバケツ、Uber Tシャツ、タオルを数分以内に届けてくれます。頭から氷水をかぶるため、必ず着替えを持ってくるようにとのこと。ちなみに、この模様はUberのスタッフがビデオ撮影してくれるので会社のみんなで参加するといったことが可能です。

ALSアイス・バケツ・チャレンジ オンデマンドは無料で提供されるものの、参加者はALSに2,000円以上の寄付をすることが必要。指定した金額を、Uber Japanが一般社団法人END ALSに送るそう。

参加した方は、ソーシャルメデイア上で#IceBucketChallengeと@Uber_Tokyoを加えてビデオを共有し、ALSのチャリティ活動を広めることができます。チャレンジを受けて立とうという方は、8月28日にUberのオンデマンドサービスを頼んでみてください。