BRIDGE

タグ Xiami(虾米)

各社が熾烈なせめぎ合いを続ける、中国の音楽配信モバイルアプリ市場

SHARE:

音楽配信市場では競合企業がひしめいており、依然として熾烈な競争が繰り広げられている。Xiaomi Music(小米音楽)は Warner Music の楽曲に対するライセンスを取得した中国初の携帯電話メーカーとなり、一方、NetEase Cloud Music(網易雲音楽)は動画共有機能を追加している。しかし、Kugou Music(酷狗音楽、Cool Dog Music)やQQ Music(QQ…

音楽配信市場では競合企業がひしめいており、依然として熾烈な競争が繰り広げられている。Xiaomi Music(小米音楽)は Warner Music の楽曲に対するライセンスを取得した中国初の携帯電話メーカーとなり、一方、NetEase Cloud Music(網易雲音楽)は動画共有機能を追加している。しかし、Kugou Music(酷狗音楽、Cool Dog Music)やQQ Music(QQ 音楽)といった既に確立されたサービスが市場を支配している状況は変わっていない。

ここ数年の音楽配信市場は荒れている。QQ Music、NetEase Cloud Music、Alibaba(阿里巴巴)傘下の Xiami Music(虾米音楽)、Kugou Music、これらの企業のすべてが、1社または複数の競合企業を相手に著作権侵害訴訟および対抗訴訟の応酬を繰り広げている。政府はこれを受けて2015年、厳しい音楽著作権規制を設けた。この規制により、わずかの間ではあるが Xiami Music はサービス停止を余儀なくされた。法整備が進んだことで、業界は需要の高い楽曲の法的権利を取得したり、有料会員を増やす方向へシフトしている。

新たなプレーヤー Xiaomi Music は、Warner Music の楽曲の権利を手に入れたことで、Sony や Universal を含めた国際的なメジャーレーベルのコレクションに新たに楽曲を加えた。しかし、これでも大手プレーヤーの楽曲ラインナップと比較するとまだ弱い。 Tencent(騰訊)の QQ Music は200以上の音楽会社とライセンス契約を結んでいる。

Xiaomi Music のプロダクトマネージャー Liu Yang(劉洋)氏は、インタビューの中で次のように語っている(中国語)。

Xiaomi Music はソフトウェアとハ​​ードウェアを組み合わせたエコシステムを持ち、モバイルユーザに直結しているという利点を活かしています。Xiaomi の電話にはデフォルトで Xiaomi Music アプリが入っていますから。

しかし、Xiaomi Music にしても他のプラットフォームにしても、有料顧客の割合がまだまだ低いというのが現状です。

ユーザのサブスクリプションを促進することは、QQ Music にとっても大きな課題だ。QQ Music の市場シェアは約30%で月間アクティブユーザ数は約1億8,500万人。同社の目標は、2017年中に有料会員数2,500万人を達成することで、これはアクティブユーザベースのほんの13%程度だ。

QQ Music の責任者  Wu Weilin(呉偉林)氏は、インタビューの中で次のように語っている(中国語)。

QQ にとっても音楽業界全体にとっても、有料サブスクリプションモデルは非常に重要です。 動画共有モデルは私たちには合いません…。なぜなら、広告収入に頼っているだけでは絶対にコストをカバーできないからです。

QQ Music の収益の中で広告は20%に過ぎません。音楽業界が生き残るためには、有料サブスクリプションモデルをどうにかするしかないのです。

対照的に、NetEase Cloud Music は、アプリをよりソーシャルにして有料会員を増やそうと果敢にもショート動画共有市場に挑んでいる。音楽配信市場において NetEase Cloud Music は、クールな子供だと考えられている。多くの人気歌手がこのアプリ上にプロフィールを載せ、ファンとの交流を行っている。Kugou、QQ、Kuwo Music(酷我音楽、英語名は Cool Me Music)に次いで、NetEase Cloud Music は4番目に人気のある音楽配信アプリだ。

NetEase Cloud Music の CEO を務める Zhu Yiwen(朱一聞)氏はインタビューで次のように説明している(中国語)。

動画メディアではコンテンツと音楽が感覚的に組み合わさっているというメリットがあるため、音楽プラットフォームに特に適しています。

リサーチ会社 Analysys(易観智庫)によると、モバイル音楽全体の市場規模は2015年に61.4億人民元、2016年末には86.8億人民元に達し、伸び率は41%になると予想されており、高成長期は2020年まで続く見込みだ。市場では競合がひしめいているが、まだ成長の余地があるようだ。

2015年〜2016年のモバイル音楽配信アプリのシェア
Source: Iimedia Research(艾媒諮詢)

【via Technode】 @technodechina

【原文】

Alibaba(阿里巴巴)がさらにソーシャルへ、音楽サイトXiami(虾米)買収の噂[アップデート:確認済み]

SHARE:

【原文】 Alibaba(阿里巴巴)のJack Ma(馬雲)代表が、同社を25の部門に再編することを明らかにした数時間後、Last.fmとよく似たソーシャル音楽サイトXiami.com(虾米)を買収したという噂が流れた。[編者注:原文の記事が掲載された段階ではまだ噂の状態だったが、この噂は1月11日、Alibabaによって真実であると確認できた]。 中国のテックブログ36Krは買収について信頼でき…

【原文】

Rumor-Alibaba-acquired-Xiami-Music

Alibaba(阿里巴巴)のJack Ma(馬雲)代表が、同社を25の部門に再編することを明らかにした数時間後、Last.fmとよく似たソーシャル音楽サイトXiami.com(虾米)を買収したという噂が流れた。[編者注:原文の記事が掲載された段階ではまだ噂の状態だったが、この噂は1月11日、Alibabaによって真実であると確認できた]。

Alibaba-Xiami-315x126

中国のテックブログ36Krは買収について信頼できる筋から確認を得たと述べている。私たちはAlibabaに連絡を取ったが、当然のことながら担当者は「憶測についてコメントすることはできない」と述べた。他の証拠として、XiamiについてWHOIS情報を検索すると、同サイトがAlibaba香港本部のアドレスに登録されていることが明らかとなった(写真下参照)。これはAlibabaが自社で運営するオンラインマーケットプレイスTaobao.com(淘宝)のような、他のAlibaba運営サイトで使用されるアドレスと同じである。

音楽ストリーミングサイトにeコマース企業とはおかしな組み合わせかもしれないが、Alibabaが最近ソーシャル関連の取り組みに一層力を入れていることに関してはうなずける。会社独自のスマートフォンOSを持ち、iPhone、Android用グループメッセージアプリコミュニティ指向のソーシャルネットワークショッピングに焦点を当てたPinterest風のソーシャルピンボードを改善した。またAlibabaは噂によると、チャットデートアプリMomo(陌陌)開発のための巨額のシリーズB投資ラウンドへも参加したと言われている。どれもソーシャル関連だ。

私はXiamiのウェブサイトのファンで、普段から利用している。同サイトはXiami Loopという名のソーシャルDJ機能も備えている。Xiamiは5年前にサービスを開始、登録ユーザ数は500万を超えており、おそらくインディーズ音楽のみを扱うソーシャルサイトとしては中国最大である。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

中国の無料MP3ダウンロードの時代が終焉、来年からは課金制に

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 中国が、Baidu Music(百度音楽)などのウェブポータルのおかげで、合法および無料MP3ダウンロード時代に突入したのは昨年の夏のことだった。だが、その良き日も終わりに近づいている。Baidu MusicやTencent(騰訊、HKG:0700)のQQ Musicなどの大手サイトが無料ダウンロードをなくし、月額利用料を導入の準備を始めている。 音楽を提供す…

【翻訳 by Conyac】【原文】

中国が、Baidu Music(百度音楽)などのウェブポータルのおかげで、合法および無料MP3ダウンロード時代に突入したのは昨年の夏のことだった。だが、その良き日も終わりに近づいている。Baidu MusicやTencent(騰訊、HKG:0700)のQQ Musicなどの大手サイトが無料ダウンロードをなくし、月額利用料を導入の準備を始めている。

音楽を提供する中国サイトの多くが結束し(まれな団結なのだが)、MP3ダウンロードの課金制を来年頭から実施する予定だ。予測されている料金は、月額10~15元(1.6~2.39米ドル)。音楽スタートアップXiami(虾米)のCEOのWang Hao(王皓)氏はChina Daily紙(中国日報)で次のように述べている。

「中国のオンラインミュージック業界の無料ダウンロード時代は終わりに近づいているのかもしれません。」

Xiami、Baidu、Tencent、その他多くの企業がオンラインでのミュージックストリーミングを無料で提供し続けるので、課金対象となるのはライセンスのある音楽MP3のダウンロードのみとなる。

これにより、中国のミュージック業界はかなり成熟したオンラインゲーム業界と歩調を合わせることとなる。ゲーム業界では、バーチャル貨幣、割増料金、月額パッケージなどがもう10年近くも実施されている。XiamiのWang Hao氏はさらに次のように付け加えた。

「良い音楽はしかるべき注目を得ていません。一方で、オンラインゲームは利益を上げていて、ミュージシャン達に他の経路で利益を得るよう仕向けています。」

これによって、中小のレコード会社とゲームデベロッパーは同等になる。中小のレコード会社にとって、マネタイズのチャンスが大幅に増える。

だが、ここ1年、中国の大手ウェブポータルが合法のミュージックコンテンツに向けて取り組んでいるにもかかわらず、中国国内には音楽の海賊版がオンライン/オフラインで蔓延っている。だから、Rdio、Spotify、Rhapsody、その他多くのサービスでも見られたように、課金制への移行は最も楽な道に進もうとする消費者を理解し損ねるリスクもある。

中国の消費者にとって最も楽な道は、P2PサービスからMP3をダウンロード、もしくは海賊版のCDをPCやスマートフォン用にリッピングすることかもしれない。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

中国のグループメッセージアプリ「Miliao(米聊)」で友達と音楽をシェア

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国で最先端を走るスタートアップ2社のコラボレーションにより、モバイルメッセージを通して友達間の音楽共有がより簡単に行えるようになった。(Last FMのようなサービスの)Xiami(虾米音楽)で音楽を検索し、Miliao(米聊)のグループメッセージアプリ上でシェアすることができる。 Miliaoは、非常に人気のあるXiaomiフォンの開発元であるXiaom…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国で最先端を走るスタートアップ2社のコラボレーションにより、モバイルメッセージを通して友達間の音楽共有がより簡単に行えるようになった。(Last FMのようなサービスの)Xiami(虾米音楽)で音楽を検索し、Miliao(米聊)のグループメッセージアプリ上でシェアすることができる。

Miliaoは、非常に人気のあるXiaomiフォンの開発元であるXiaomi(小米)(”Xiami”と混同しないように)の企画で、iOS、Android、Symbian対応のスタンドアローンのアプリだ。またXiaomiフォンにはプリインストールされている。最新のアプリ・アップデートで、MiliaoのユーザーはXiamiで音楽を検索し、Xiamiを通してそれらの音楽をグループメッセージングアプリ上の埋め込み式プレイヤーを用いて友達に送信したり受信したりすることができる(上図参照)。

Xiamiブログの記事によると、Miliaoアプリ内でまず友達を選択し、「ミュージックをシェアする」の部分をクリックしする。その後、希望の音楽を検索・選択することで音楽が共有できるという。送信者・受信者ともに、ミュージック・ストリーミング・サービスのメンバー登録を行う必要はない。もちろん、Xiamiはトライアル後のユーザー数拡大を目論んではいる。関連したニュースでいうと、先月XiamiはソーシャルDJウェブアプリをリリースしているのだ。

友達へ音楽を送信することは、デジタルソーシャル分野内で最も難しいものだとされている(自分がAndroidデバイスを持っていて、mp3ファイルを添付ファイル形式で送信できるのであれば話は別だと思うが)。よって、それが突然こんなに簡単になるならば喜ばしい。(自分の友達がMiliaoを使用していることが前提になるが)

非常に人気のあるアプリだが、中国で最も使用率が高いグループメッセージングアプリはTencent(騰訊)のWeixin(微信)で、昨年末時点で登録ユーザ数5000万人を誇っている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia