Uberが北京上陸、これで中国で利用可能な地域は5カ所に拡大へ

by Steven Millward Steven Millward on 2014.4.25

Uber-Beijing-launch

See Original Story on Tech in Asia

上海でのサービスインから8カ月の歳月を経て、Uberは北京での運営を開始した。Uberのいつもの戦略でもあるのだが、北京での「デビュー」は極めて静かなものだった。

これに合わせてUberは二人の北京在住の著名人を使ったプロモーションを実施している。現地在住のブロガーであるKeso氏と、まだ「北京ビギナー」のHugo Barra氏の二人。Hugo氏はご存知、元Googleで、現在はスマートフォンメーカーXiaomiのグローバル戦略トップを務める人物だ。

Uber-now-in-100-cities-worldwide-as-limo-service-rolls-into-Beijing

北京でUberを初利用するHugo Barra氏

北京への上陸はUberにとって世界で100都市目の進出で、同社では特別ページを作成してこれを大いにプロモーションしている。Uberが現在利用できる範囲はこれで北京、上海、香港、深圳(シンセン)、広州となった。北京での最低利用料金は30元(4.8米ドル)となっている。

See Original Story on Tech in Asia

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------