IBM BlueHub第1期参加スタートアップが発表ーーYAMAPやBrandPitなど新進気鋭5チームが選出

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.12.10

ibmbluehub-1st-batch-featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

IBM BlueHub は、日本IBMがサムライインキュベートなどと実施するインキュベーション・プログラムだ。プログラム第1期は2015年1月からスタートすることが発表されているが、この第1期に参加するスタートアップ5社が明らかになった。

携帯の電波が届かない場所・状態でもスマホで現在位置が確認できる地図アプリ。

画像認識技術を用いたソーシャルメディアツールの提供。(関連記事

データドリブンな農業を実現することで、農家が儲かるビジネスを展開しやすくするしくみを提供。

インターネットを活用した、消費者向けの大規模ゲノム解析サービス。

スポーツを楽しむすべての人のための、スポーツマネージメントアプリ。

5社はそれぞれ、日本IBMの協力により、データ分析に関わる技術開発やUX/UIの改善などを行う。また、日本IBM 以外の事業会社との連携などスタートアップからの期待は大きい。福岡の SEFURI や宮崎の TERRACE MILE など、東京以外からのスタートアップが参加していることも特徴的だ。

日本IBM では中長期的なビジョンとして、東京オリンピック開催される2020年までに、これらのスタートアップが提供するサービスを日本を代表するサービスに育て上げたいとしている。彼らの活動の成果については、2015年4月〜5月に開催される予定のデモデイで披露されることになるだろう。

ibmcbluehub-and-incubatees-logos

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------