プロフィールも写真の登録も不要、データドリブンのデートアプリで快進撃を狙う「Smoothie」

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.7.3

smoothie_featuredimage

先ごろから、深層学習 (deep learning)により人工知能を活用したハイヤリング・プラットフォームを頻繁に取り上げているが、言うまでもなく、このマッチングを得意とするテクノロジーが男性と女性をつなげるのに応用できないわけがない。インド・ニューデリー発のデートアプリ「Smoothie」はまさにこの点にポイントを定めており、ローンチに向けてユーザの事前登録を開始した。アプリは、日本語と英語で利用できる予定だ。

アプリ公開前であるため詳細は明らかになっていないが、Smoothie ではユーザに質問に答えてもらい、その回答をアルゴリズム分析。マッチしそうな異性をアプリが紹介してくれる。ユーザは事前の顔写真やプロフィールの登録が不要で、紹介された異性を気に入り、街で実際に会うことになったときにのみ、互いの顔がわかるように写真を交換する仕様となっている。当該の男女ユーザ間では、Smoothie を通じた音声通話が可能で、その後付き合うかどうかを互いに決めることができる。

Smoothie を開発する Apoorv Saini 氏はインド・ニューデリー出身のコンピュータ・サイエンティストで、これまでに匿名ビデオ共有アプリの Wizters などをローンチしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------