【インフォグラフィック】LinkedInには1千万人のインド人のプロフェッショナルが登録

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

C91283a14a72ffb2e9321980d1ae0fc6

今日のインフォグラフィックシリーズはアジアと世界のテクノロジーから重要なストーリーを解説する。

約6か月前、LinkedInは世界中で1億人のユーザーを保有しているとお伝えした。そのうち1千万人がインドに基盤を持つ人たちである。LinkedInはアジアパシフィック市場、特にインド日本に力を入れ始めたので、この数字はさらに増えようとしている。

LinkedInは2009年からインドにオフィスを持っている。同社は最近シンガポールにAPAC本社を設立した。さらに、日本オフィスも今年末頃にオープンの予定だ。 他のアジア諸国に目が向けられるなか、インドはソーシャルネットワーク専門の企業にとって、今でも主要マーケットの一つになっている。 Eyedealabにいる友人がインドのLinkedInに関する分析結果を分りやすく分析画像で 示してくれた。以下、3点の興味深い部分が目に留まった。

私はボスだ:LinkedInを利用してる400,000人ものインド人は会社経営者であると記している。

実に怪しい国:インドにおける主要事業の一つがITであると記してある。

肩書に”アーユルベーダ”が付いているか?:はい。その数は2587人もの数に上る。

下記、分析画像を見て、あなたが注目するところはどこだろうか?

3bad9df59fd6e2b368ac793f33f09920

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------