元アドウェイズ・インドネシアの高野勇斗氏率いるChapter8が、中国・アジア向け越境EC「Jselection」をローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.11.4

jselection_featuredimage

2011年からアドウェイズ・インドネシアを立ち上げ、昨年9月に電撃退任を発表した高野勇斗(たかの・はやと)氏。彼の去就については、インドネシアのみならず、日本のスタートアップ・シーンでも注目を集めるところだったが、その全貌が今日明らかになった。

高野氏率いるスタートアップ Chapter8(チャプターエイト)は今日、中国や東南アジアを中心とする海外向けの日本製品越境ECサービス「Jselection」をローンチした。インターフェイスはモバイル向けに最適化されており、英語、中国語(繁体字・簡体字)、タイ語、インドネシア語に対応している。Geo-IP により、ユーザが商品の目安価格を自国通貨で見られるのも特長のひとつだ。

高野氏はインドネシアからの帰任後、日本のアドウェイズで Eコマースの中国向け転送サービス「楽一番」を担当。自身で Chapter8 を起業するまで約半年間にわたり、iPhone 6 や日本の化粧品などが配送されていくのを目の当たりにしてきた。一般的に、Eコマースの海外向け転送サービスが扱う商品のうち、Amazon からのものが9割を占めているのだそうだ。高野氏によれば、これは日本の Amazon のウェブサイトであっても、アメリカの SKU(最小管理単位)を基準としていて日本語の読めない海外客にも注文しやすく、反対に、日本のEコマースサイトに並んだ商品が海外からの需要に乗りにくいのは、商品が日本語のみで紹介されており、日本の SKU で管理されているからだ。

今回ローンチした「Jselection」では、商品をリクルートのEコマースサイト「ポンパレモール」から調達。商品説明についてもポンパレモールから取得して自動翻訳しており、中国やアジアのユーザが母国語で商品を閲覧し購入できる。配送や決済については、Chapter8 が対応し、リクルートは商品供給に加え、商品に関するメール問い合わせを各国語で受け付ける。将来的には、ポンパレモール以外にも商品の調達先を拡充する計画があるそうだ。

J Selection のスキーム
Jselection のスキーム

日本に戻ってきてからは原宿に住んでいます。毎日、竹下通りを通っていて感じたのは、女子高生たちをターゲットにしていた店がどんどん無くなっていき、看板が中国語や韓国語になっていること。竹下通りは爆買客であふれています。

竹下通りに多いクレープ屋を見ていても、英語の看板しか出していない店は客入りも普通だが、中国語や韓国語の看板を出している店には爆買客が殺到している。この現実に気付かないといけない。(高野氏)

Jselection はスマートフォン向けに特化して提供され、リスティング広告、Google AdWords、Baidu(百度)、WeChat(微信)を使ったマーケティングに加え、訪日観光客向けのアプリからの送客を想定しているそうだ。爆買の本場である中国のみならず、インドネシアを含む東南アジアの需要も射程に含めているのは、この地域に造詣の深い高野氏ならではの強みと言えるだろう。

この分野では、オンライン爆買アプリの「bolome(波羅蜜)」が、Baidu(百度)など中韓数社から10月末に3,000万米ドルを調達しているほか、ブランド品オークションサイト「スマオク」を運営するザワットが6月、日本やシンガポールの VC 複数社から総額2.5億円を調達している。

chapter8-jselection-hayato-takano
Chapter8 の創業者兼CEO 高野勇斗氏

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------