「演劇版Hulu」の観劇三昧、テレビの大画面で視聴できる端末「観劇三昧TV」をリリース

by Eguchi Shintaro Eguchi Shintaro on 2015.11.12

演劇動画配信アプリ|スマホ・タブレットが劇場になる「観劇三昧」

登録されている演劇動画を、月額980円で見放題のサブスクリプションモデルのオンライン観劇サービス「観劇三昧」。スマホやタブレットのアプリなどからオンラインで視聴することができ、登録作品数はすでに80劇団、256作品を超えている。

「新たな劇団を知り、劇場げ足を運ぶきっかけづくりや、子育てや介護、身体的な事情によって劇場に足を運べない方が気軽に演劇を楽しんでもらいたくて開発したサービス」と話すのは、観劇三昧を運営するネクステージの福井学氏。

最近では、学校の教育向けに無料体験を配布したことが好評だという。「地方の高校などでは劇場が近くになく、演劇を学ぶ教材が少ないことが問題になっています。観劇三昧によって演劇を勉強できる環境が充実したと導入した学校の教師は話す」と福井氏。ビジネス的にも月額課金ユーザが増えてきており、単月黒字化もなりつつあるという。

そんな観劇三昧が、NTT西日本と連携し、「観劇三昧」視聴用の端末「観劇三昧TV」を11月17日より発売開始すると発表した。

観劇三昧TVは、端末とTVをHDMI端子でつなぎ、ネット接続するだけでテレビの大画面で観劇を視聴できるもの。ChromecastやAmazon Fire TVと同様なモデルだ。

「子育て中の人や、家族みんなで楽しむもの、学生劇団の勉強用や劇場の待ち時間での使ってもらったりと、演劇に触れる機会をつくれるような施策を考えていきたい」(福井氏)

演劇というニッチな分野だからこそ、オンライン配信によって地方やなかなか劇場に足を運べない人にとって意味がある。また、定額制にすることによって、なんども再生して視聴することができる。映画などと違ったコンテンツだからこそと言える。

定額制やオンラインで楽しむコンテンツを考えたとき、ニッチ層に刺さる分野にこそ活路があるかもしれない。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------