スペースマッチング「スペイシー」にAndroidアプリが登場、場所の貸し出しがスマホから簡単3ステップに

Yukari Mitsuhashi by Yukari Mitsuhashi on 2016.1.19

Spacee-image

スペースマッチングサービスの「スペイシー」が、Androidアプリになって登場しました。2013年12月のサービス開始から、2015年12月末までの累計利用者数は18万人超、またレンタル物件の掲載数は450件を超えています。

スペイシーに空いた会議室などを掲載したい場合、これまではWebサイトから登録する必要がありました。Androidアプリなら、貸し出す場所の写真をスマホで撮り、そのまま貸し出しまでを行うことが可能に。スペースを貸し出すステップは主に3段階です。

スペイシーのAndroidアプリ

スペイシーのAndroidアプリ

  1. アプリを立ち上げて、スペースの種類、環境、収容人数、所在地などを入力
  2. 掲載スペースの写真をスマホから撮影
  3. 料金と貸出カレンダーを設定

Androidアプリのリリースに次いで、iOSアプリの提供、また借り手に向けたスペースの検索や予約機能などの追加を予定しています。アプリで気軽かつスムーズに場所を貸し出せるようになったことで、今後ますます掲載物件数が増加することが期待されます。

“summercamp"/

Yukari Mitsuhashi

Yukari Mitsuhashi

三橋ゆか里。東京在住のTechライター。フリーランスになる前は、日本のスタートアップ数社にて勤務。彼女のブログ「Techdoll.jp」は、海外のスタートアップを日本市場に紹介している。映画「ソーシャル・ネットワーク」の日本語字幕と吹替を監修。Twitter アカウント @yukari77

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース