羽田空港とスタートアップ・大企業がコラボする「Haneda Robotics Lab」、第1期参加の17社を採択——約2ヶ月間にわたる実証実験を開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.12.19

haneda-robotics-lab-1st-batch_robots
「Haneda Robotics Lab」第1期に参加する、ロボットの皆さん
Image credit: 日本空港ビルデング

THE BRIDGE では9月末、羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングが、ロボットの社会実装に向け、企業やスタートアップが空港内での実証実験に参加できるプロジェクト「Haneda Robotics Lab」が開始されることをお伝えしたが、15日、その第1期に参加する17社が採択され、約2ヶ月間にわたる実証実験が開始された。

haneda-robotics-lab-1st-batch-list-of-robots参加するのは清掃ロボット4社、移動支援ロボット5社、案内ロボット8社の合計17社で、大企業に混じって、ZMPA.M.Y クリエイティブWHILLNextremer、明治大学からスピンアウトした SEQSENSE などのロボティクス・スタートアップが含まれる。実証実験は期間中の10時から16時半の間、羽田空港国内線第2旅客ターミナルの出発ロビー周辺で実施される予定だ。実験の様子は特設サイト公式 Facebook ページ でも情報発信される。

この実証実験ではロボット自体の安全性、公共空間での稼働についての安全性、導入効果の検証の3つのフェーズが想定されている。実験されるロボットの種類にもよるが、空港職員や空港利用者もこれらのロボットに触れたり、操作できたりする可能性がある。

日本空港ビルデングでは、このプロジェクトを通じて、年間7,500万人以上が利用する羽田空港で、ロボットの技術面・法規面での課題が洗い出され、広く知見が共有されることを期待したいとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------