Super Mario Run 最初の24時間で500万ドルを稼ぎ出す【調査報告】

SHARE:
screen-shot-2016-09-07-at-1-10-37-pm-930x466
Above: Super Mario Run on Apple. Image Credit: Apple

あなたがマリオになって iPhone でコインを集めている間に、任天堂は大量のキャッシュを溜め込んでいたようだ。

調査会社 Sensor Tower によると、Super Mario Run は公開後24時間で500万件のダウンロードを記録し、約500万ドルの収益を上げたという。これは競合データ会社の Apptopia が今日(編集部注:原文掲載日は12月16日)発表したものよりもはるかに大きなダウンロード数だが、アプリ市場調査会社の App Annie のデータと一致している。App Annie は米国初日に470万ダウンロードを記録したと見積もっている。

これらの数字はすべて、任天堂が366億ドルのモバイルゲーム市場で巻き起こした初めての熱狂を示している。Super Mario Run は80カ国で最もダウンロードされたゲームであり、30タイトル中で最も好成績を上げたゲームとなった。

Sensor Tower でモバイル調査の責任者を務める Randy Nelson氏は、本誌 GameBeat の取材に対し「ゲームに限らずアプリの公開初日によい成績を取るのは簡単」と話す。

課題はこの最初の成功が将来の収入を保証するものにはならないということだろう。初期に起こった Super Mario Run への課金の盛り上がりがすぐに治まる可能性は十分にありうる。ゲームは無料でダウンロードすることができ、たった10ドルを支払えば全コンテンツをアンロックすることができてしまう。任天堂はプレーヤーに対してより多くのアイテムやレベルを購入するいかなる方法も提供していないのだ。

これは現在、Pokémon Go に引き続きみられるような何か支払い続けるようなモデルと異なり、この500万ドルが必ずしもこの先、複合的な成長を約束していないことを意味している。

SuperData Research のアナリスト兼最高経営責任者である Joost van Dreunen氏は「Super Mario Runは、初期数値と消費者からの反応をふまえると、初月に1,200万から1500万ドルを稼ぎ出すことになるだろう」と本誌取材に答え、「プレーヤーに常にオンラインを保つよう要求するのはハードルが高く、また携帯電話で簡単に遊ぶにはちょっと重すぎる」と指摘していた。

ただ同時に人々がゲームを楽しんでいるのも事実だ。

Sensor Tower によれば平均的なプレイヤーは24時間で最初の4面を15.5分間プレイしている。この数値はプレーヤーが全面クリアまで到達するか、10ドルを支払わないかどちらか決定した時点ですぐに下がり始めている。アナリストたちは、ゲームパフォーマンスを良好に保つために、任天堂が価格を引き下げることを期待している。

「私たちは任天堂がこの勢いを保つため、休暇後に値下げを発表すると予想している」とJoost van Dreunen氏は語る。

このことは、任天堂のコンソールゲーム価格設定の伝統の崩壊を表すことになるかもしれない。というのも、同社は3DS、Wii U、およびその他のシステムでその自社タイトルの価格を落とすのに数年かけることで有名だったからだ。

【原文】
【via VentureBeat】 @VentureBeat