バンガロールで燃料のオンライン注文が可能に、MyPetrolPumpが宅配サービスを提供

by Tech in Asia Tech in Asia on 2017.7.4

mypetrolpump-2-1
Photo credit: MyPetrolPump.

バンガロールはインドのシリコンバレーとも言うべき存在で、たいていの課題に対して技術的なソリューションを真っ先に試している。新たな事例として、MyPetrolPump は燃料の宅配を実施している。(このニュースを最初に取り上げたマラヤーラム語メディアの Mathrubhumi に敬意を表する。)

需要があるか疑問に思うかもしれないが、バンガロールでガソリンスタンドの長蛇の列を目にすれば納得がいくだろう。学校やその他の機関など、大型車を持つ場所にも重宝されるかもしれない。

MyPetrolPump は同社が「小型燃料補給車」と名付けるトラックを使い、一般家庭や事業所に燃料を届けている。現在このサービスが提供されているのは、バンガロールのテクノロジーの中心地であるコラマンガラや HSR レイアウトなどの地区のほか、中心街から離れたベランダ、ボマナハリ、BTM レイアウトなども対象になっている。

バンガロールはテックブームにインフラ整備が追いついておらず、慢性的な電力不足に悩んでいる。頻繁な停電により、アパートや複合オフィス、企業などはディーゼル発電機への依存を余儀なくされている。こういった需要も MyPetrolPump の商機となるだろう。

現在のところ MyPetrolPump のウェブサイトでのみ注文が可能だが、モバイルアプリ「MyPP」も目下開発中だ。配達料として、100リットルまでの注文に対して一律99インドルピー(1.5米ドル)がかかる。それ以上はリッターあたり1ルピーが課される。

MyPetrolPump によると、燃料のストックは行わない。その都度最寄りのガソリンスタンドで購入し、顧客まで届けるという。

mypetrolpump-2
Photo credit: MyPetrolPump.

MyPetrolPump は火遊びをしている(危険なことに手を出している)のではないか、とのコメントも SNS 上で何件か見られた。規制当局が燃料配送の安全性を監査することもあるかもしれない。

同社は家庭用コンロなどの用途で現在でも液化ガス(LPG)を配送しているトラックやコンテナ車があると指摘し、同社の補給車両はそれよりも安全性が高いと主張している。「ディーゼル用の重油及びガソリンは加圧されていないため安全で、特に少量の場合にはなおさらです」とのことだ。

バンガロールでは水道インフラが十分でなく、住民はマンションのあるエリアまで水を運ぶタンカーをよく目にしている。しかし燃料を運ぶタンカーとなれば話は別で、慣れるには時間がかかるかもしれない。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------