Amazonの人工知能アシスタント「Alexa」の開発は5000人体制にーー1年で5倍、さらに拡大も

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.10.8

32143718823_cb71dd8045_b.jpg
Photo credit: adambowie via Visual hunt / CC BY-NC-SA

<ピックアップ> Amazon says there are now 5,000 people working just on Alexa

なんだか国内でも売り出し始めたからか、ここ数日は人工知能スピーカーの話題でタイムラインが埋まっております。そんなにみなさん声で操作できるスピーカー欲しかったのでしょうか。

さておき、Amazon・Alexaの勢力拡大が止まらないようです。先日もBody Labsの絵話題を掲載しましたが、オープンにSDK、APIを解放して外部ベンダー等とエコシステムづくりする一方、M&Aなどで自社開発リソースを強化する方向性も着々と進めているようです。

驚くべきはその体制で、いや、確かにちょうど1年前、ジェフ・ベゾス氏はAlexaを第四の収益の柱にすべく「1000人の」人員が人工知能関連に取り組んでいると発言してました。が、その1年後に5倍に拡大するなんて全く予想の斜め上です。ていうかそんなに集められるんですね。

ちょっと前ですが9月末のQuartzの記事によると、Alexaの関連デバイス・サービス発表の際に担当SVPのDavid Limp氏がこの開発体制について言及していたようです。直近4半期でAmazonにて働いているのが38万2400人。その内、5000人がAlexa関連に従事しているのだとか。

関連してこちらも昨年10月の記事で、Amazonが400職種ほど募集しているという情報を掲載しましたが、その募集ページには引き続き大量のジョブオファーが掲載されており、まだまだ増えそうな予感がします。

via Quartz

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------