トレーニング動画など提供「soeasy」が1億1000万円の資金調達、開発や販売体制を強化

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.8.7

お役立ちの15秒動画SNS「soeasy」やトレーニング動画SNS「soeasy buddy」を運営するsoeasyは8月2日、ジャパンベストレスキューシステムや複数の個人投資家より、総額1億1000万円の資金調達を公表している。今回の引受先であるジャパンベストレスキューシステムとはsoeasy buddyの事業パートナーとして協業を予定している。

同社が運営するsoeasy buddyは、AI(人工知能)と動画を活用した組織の生産性を向上させるHRテックサービス。お手本となる接客や営業動画をスマホで撮ってアップロードするだけで、支店ごとや職種ごとの動画の教科書が簡単に作成できる。チャット機能やAIを活用したスコアリングで、社員が自発的に日々の情報を共有し、社員の学習状況や組織への貢献度を定量化して把握できる。

お役立ち15秒動画SNS「soeasy」は、動画で世界中の人々と様々な知恵を共有できるサービス。掃除のコツや簡単料理方法のような生活に関する知恵をはじめ、防災対策・冠婚葬祭のマナーなどの情報を動画で共有する。

今回の資金調達により開発や販売体制を強化し、「soeasy buddy」では組織内のノウハウが自発的・効率的に集積される機能の開発を進める。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------