BRIDGE

タグ Caster(キャスター)

「企業の緊急度が高くなった」リモートワークのキャスター、STRIVEなどから6億円調達

SHARE:

オンラインアシスタント「CASTER BIZ(キャスタービズ)」などを提供するキャスターは4月9日、STRIVE、山口キャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は6億円。出資比率などの詳細は非公開。同社は昨年5月にGunosy CapitalとSMBCベンチャーキャピタルから3.6億円を調達し、その後、人材関連事業のディップからも出資(※出資額は非公開)を受けている。今回…

casterbiz.png

オンラインアシスタント「CASTER BIZ(キャスタービズ)」などを提供するキャスターは4月9日、STRIVE、山口キャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は6億円。出資比率などの詳細は非公開。同社は昨年5月にGunosy CapitalとSMBCベンチャーキャピタルから3.6億円を調達し、その後、人材関連事業のディップからも出資(※出資額は非公開)を受けている。今回の出資で累計の調達資金は20億円弱になる模様。

同社の創業は2014年9月。現在、同社主力サービスのCASTER BIZは、秘書や人事、経理、翻訳などのコーポレート系業務を中心に、オンラインでサポートできる人材「オンラインアシスタント」を提供する。同社に登録するオンライン人材は700名で、サービス利用企業は累計で1300社を数えた。また、2018年8月にはインスタントに求人票を出せる「bosyu」サービスを事業譲受し、昨年7月に分社化している。

現在、国内のみならず世界的に蔓延した新型コロナウィルスにより、各国で外出制限が発令されている。日本でも先頃、緊急事態宣言が発令され、東京など首都圏で外出自粛要請の動きが強まっている。この状況についてキャスター代表取締役の中川祥太氏に聞いたところ、やはりリモートワーク導入に関する問合せが増加しているという話だった。

新型コロナウイルスの影響で、これまでは中長期でリモートワーク導入を検討される企業様が多かったところ、「すぐにでもリモートワークを導入したい」という緊急度が高いご相談や「オフラインで行っている事業をオンライン化したい」という事業に直結するご相談を多々いただくようになりました。

オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」などによるオンラインでの業務アウトソース、リモート人材派遣「在宅派遣」、リモートワーク求人を扱う求人サイト「Reworker」などでのオンライン人員の拡充も、大変多くの引き合いをいただいております。

「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げて創業いたしましたが、緊急事態宣言が発令された今、当たり前になりつつありますので、今後このリモートワークが継続され、多くの企業と個人がより良くリモートワークできるよう、支援に尽力してまいります」(中川氏)。

調達した資金はリモートワーク推進のためのセキュリティシステムやリモートワーカー向け業務管理システムの開発推進、また、子会社で運営するbosyu事業に投資するとしている。

リモートワーク推進のキャスターにディップが出資

SHARE:

オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」を運営するキャスターは1月8日、ディップを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。調達額に関しては公表されていない。 同社は秘書・人事・経理・WEBサイト運用など、日常雑務から専門分野まで幅広い業務をトータルにサポートするオンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」や、30秒で募集が作れる「bosyu」、リモート派遣サービ…

Screen Shot 2020-01-09 at 12.51.40 AM.png
Image Credit: Caster

オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」を運営するキャスターは1月8日、ディップを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。調達額に関しては公表されていない。

同社は秘書・人事・経理・WEBサイト運用など、日常雑務から専門分野まで幅広い業務をトータルにサポートするオンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」や、30秒で募集が作れる「bosyu」、リモート派遣サービス「在宅派遣」などの各種サービスを運営する。利用企業数は累計1,000社を超えたという。

今回調達した資金をもとに、さらなる事業拡大に向けたシステム投資・広告投資、新規事業開発を推進し、リモートワーク普及に取り組んでいくとのこと。

via PR TIMES

リモートワーク人材事業のキャスター、SNSでカジュアルに人材募集ができる「bosyu」を事業譲受

SHARE:

オンラインビジネスアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」、「RemoteStyle(リモートスタイル)」、「在宅派遣」などリモートワーカー派遣事業を提供するキャスターは7日、デザイン会社 Basecamp が開発・提供する人材募集サービス「bosyu」を事業譲受したことを明らかにした。譲受に関わる金額については不明。キャスターは今後、bosyu の自社サービスとの事業シナジー…

左から:Basecamp 代表の坪田朋氏、キャスター COO の石倉秀明氏
Image credit: Masaru Ikeda

オンラインビジネスアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」、「RemoteStyle(リモートスタイル)」、「在宅派遣」などリモートワーカー派遣事業を提供するキャスターは7日、デザイン会社 Basecamp が開発・提供する人材募集サービス「bosyu」を事業譲受したことを明らかにした。譲受に関わる金額については不明。キャスターは今後、bosyu の自社サービスとの事業シナジーを模索するとしている。

bosyu は、人材募集をカジュアルに実施できるサービスだ。タイトルや本文を入力し、発行された URL を Twitter や Facebook に投稿することで、簡単に人材募集を始めることができる。2018年4月にサービスをローンチ後、アカウント数1万件以上、募集投稿数5,000件以上。ユーザの中には、ゆうこす(菅本裕子氏)など有名人やインフルエンサーも見受けられる。

bosyu

Basecamp は、DeNA デザイン戦略室、BDG Digital Ventures を経て、育児動画メディア「Babily」を展開する Onedot の CCO を務めながら、自身でもスタートアップ Basecamp を運営する〝事業作り〟デザイナー坪田朋氏によるプロジェクトだ。Basecamp では、Web サービスやモバイルサービスをプロトタイピングし MVP を作ることを得意としているが、bosyu は特に反響が高かったため、「別の人に委ねてグロースした方がいい(坪田氏)」との判断から、今回の事業譲渡に至ったそうだ。キャスターの COO である石倉秀明氏と坪田氏は、共に DeNA に勤務していたことから親交があり、今回のディールのきっかけとなった。

坪田氏によれば、既存のリクルーティングサービスの多くが、会社をブランディング・紹介し、一定の手間をかけて募集を開始する必要があるのに対し、bosyu では個のつながりを重視し、写真さえも用意せずに数分で人材募集をカジュアルに始められるのが特徴だという。実際に坪田氏のプロジェクトでは、bosyu を通じて募集があった人と協業しているケースがいくつかあるのだそうだ。

キャスターは、人材募集のアウトソーシングサービスを提供しており、既存顧客に対して、従来の人材募集 Web サービスではリーチできない層への、募集手段の多様性の確保という点で bosyu に魅力を感じたようだ。石倉氏は bosyu のその手軽さから、「最初、polca に近いかもと思った。ここに小さな経済圏が生まれ、いろんな人が出てくる可能性がある。だからイケるんじゃないかと思った」と、その可能性を評価した。

キャスターでは bosyu の事業譲受を受けて、いくつかのビジネスモデルを検討しており、働き口の多様化に貢献していくとしている。

スケジュール調整ツール「Cu-hacker」がオンライン秘書サービス「キャスタービズ」と連携

SHARE:

スケジュール調整ツール「Cu-hacker」などビジネスシーンに特化したツールを提供するジェネストリームと、オンライン秘書サービス「キャスタービズ」を提供するCasterが協業することを発表した。 今回の協業に伴い、「キャスタービズ」に登録しているオンラインワーカーの公式調整業務ツールとして「Cu-hacker」の提供が本日より開始されている。「キャスタービズ」のユーザがオンラインワーカーに人との…

cu-hacker

スケジュール調整ツール「Cu-hacker」などビジネスシーンに特化したツールを提供するジェネストリームと、オンライン秘書サービス「キャスタービズ」を提供するCasterが協業することを発表した。

今回の協業に伴い、「キャスタービズ」に登録しているオンラインワーカーの公式調整業務ツールとして「Cu-hacker」の提供が本日より開始されている。「キャスタービズ」のユーザがオンラインワーカーに人とのスケジュール調整を依頼した場合、依頼者の許可を取った上で調整時に「Cu-hacker」を利用する。

Caster biz

Caster代表取締役の中川祥太氏によると、アシスタントが行うスケジュール調整業務の効率化が進めばクライアントの支払いも少なくなり、すべてのステークホルダーにとってメリットがあるという。

ジェネストリームは、Casterに所属するオンラインワーカーに利用してもらうことで、利用状況やサービスを使ってみてのフィードバックを分析し、「Cu-hacker」の機能改善を加速していく狙い。

ジェネストリームは、今後もクラウドソーシングを展開している事業者との積極的な協業を行っていく方針だ。ジェネストリーは「Cu-hacker」の他にも先日、アポの日程予約と顧客管理を一体化するカレンダー「Reserve-hacker」もリリースしている

100人に1人の狭き門を突破した優秀なオンラインアシスタントに仕事が頼める「キャスター」

SHARE:

ライターだからと言って、書くことだけをしていればいいかと言うとそんなことはなくて、実際には取材アポ取りやらメール返信など、日々の細かい作業に謀殺されてしまうことも少なくない。業種や職種に関わらず、きっとこれは同じはず。 チーム制で動く優秀なオンラインアシスタントにお任せ そんな人は、ハイクオリティ・オンラインアシスタントサービスの「Caster(キャスター)」を使ってみると良いかもしれない。本日リ…

Caster-website

ライターだからと言って、書くことだけをしていればいいかと言うとそんなことはなくて、実際には取材アポ取りやらメール返信など、日々の細かい作業に謀殺されてしまうことも少なくない。業種や職種に関わらず、きっとこれは同じはず。

チーム制で動く優秀なオンラインアシスタントにお任せ

そんな人は、ハイクオリティ・オンラインアシスタントサービスの「Caster(キャスター)」を使ってみると良いかもしれない。本日リリースされたキャスターは、ルーチンワークや面倒な経費精算、会食の予約手配やアポ調整、簡単な資料作成や購入代行といったアシスタント業務を依頼できるサービス。

Caster-menu

クラウドソーシングなどを使えば、アシスタント業務ができる人が見つかるかもしれない。でも、まず膨大な量の受注者から探すのが一苦労だし、特定の人に依頼をしてしまうと、その人が辞めた時点でまた次の人を探す必要が出て来る。

キャスターは、オンラインアシスタントに特化しているからすぐに使えるし、アシスタントがチーム制で動くことも特徴。普段は同じアシスタントとのやり取りでも、1人に依存してしまうことがない。また、アシスタントになれるのは、オンラインでの仕事の仕方を熟知した人材を厳選しているため、 100 人に 1 人という狭き門。仕事を進めるために必要な知識や環境などはキャスターが整えることで、満足度の高いクオリティーを実現しています。

アシスタントの活用で、ビジネスのコアバリューに専念

キャスターの利用料金は、月額4万円(16時間)、75,000円(32時間)、120,000(55時間)の3プラン。平日は午前9時から夕方6時までの対応時間で、その時間帯なら、メールやチャットなどのメッセージひとつで依頼をすることができます。具体的な依頼例は、例えば、店選び・予約代行が0.5時間〜、調査業務が1.0時間〜、メール返信は0.1〜0.3時間といった具合。

遠隔で働ける優秀な人たちに仕事が適切に供給されていないことを課題に感じ、そのソリューションとしてキャスターを立ち上げたのは、オプトなどIT企業数社に勤めた経験を持つ中川祥太さん。働く側にはオンラインで働くための知識と環境を提供し、クライアント側には、優秀なオンラインアシスタントによるサポートで、ビジネスのコアバリューに集中する時間を創出することを目指します。

キャスターは招待制。会員は、最大 3 人まで利用希望者を『Caster(キャスター)』に招待することができます。紹介を受けて実際に利用を開始した場合、招待者には1人につき、16時間分の利用権利が与えられるため、まず試してみることができるそう。得意なことだけ、自分にしかできないことだけやる。キャスターが、そんな仕事スタイルを現実のものにしてくれるかもしれません。