サンブリッジが日本のスタートアップWondershakeとミドクラに出資

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

B104653292e7fe74cc6ceca1148065b4

東京とサニーベールを拠点とし、日本オラクルの前社長であるAllenMinerによって設立されたテクインキュベーターでありベンチャーキャピタル会社であるサンブリッジは日本のスタートアップ企業のWondershakeとミドクラに向けて出資をおこなったことを発表した。出資金額についての詳細は明らかにされていないが、CNETJapanなどを含むニュースメディアによると、それぞれ数百万円程度(※)とみられるとのこと。

Wondershakeは、TechCrunch Japanにより4月に開催されたスタートアップのピッチイベントでグランプリを獲得しており、この時AllenMiner氏が審査員長役を務めている。このスタートアップ企業は、同日、サイバーエージェント・ベンチャーズからの資金調達を行っている。現在、Wondershakeチームは、サンフランシスコへと移住し米国企業として登録準備の段階に入っている。

サンブリッジは、投資における評価の上昇を避けるため、コンバーチブルノートでの投資をおこなう予定だ。そしてまたこの形での投資により、米国で見込みのある投資家から将来的に追加資金を受けやすいようになる仕組みだ。(Wondershake についての更なる詳細は、前回の記事参照

1d62bc146ef6450d892ac1cc77911531
サンブリッジのAllenMiner氏(左)とWondershakeの鈴木仁士氏(右)

一方でミドクラは、クラウド開発のテック企業で、事業開始前の段階で、NTTインベストメント・パートナーズやデータセンター企業のビットアイルを含むいくつかのベンチャーキャピタル企業から1億円の資金調達をおこなっている。 同社は、グロービス(東京の私立MBAスクール)の元COOと共に共同設立された。日本の有名なテック起業家である西川潔氏(ネットエイジの創業者)も役員のメンバーに加わっている。ここ数か月の間に、同社のチームメンバーからいくつかのクラウド関連アプリのα版を開発していると聞いたが、それ以上の詳細は現時点では分からない。何か情報が入り次第お伝えしたい。

※最新情報:WonderShakeはサンブリッジを含む投資家からの資金調達額は36万米ドルだったと発表した。(日本語の発表はこちら

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------