アドテク・スタートアップのフリークアウトが、Yahoo Japanから5億円を調達

SHARE:

【原文】

freakout_logoRTB(リアルタイム入札)のスマートフォン広告プラットフォームを構築する東京のスタートアップ「フリークアウト」は今日、Yahoo Japan(東証:4689)の投資部門である YJ Capital からシリーズBラウンドで、5億円(約530万ドル)を調達したと発表した

フリークアウトは、2010年に本田謙氏によってローンチされた。本田氏は以前ブレイナーというコンテンツ・マッチング広告プラットフォームをローンチしていて、2008年に Yahoo Japan に売却している。FreakOut は日米の90社の広告代理店を通じ、3,000社の広告主にホワイトラベルのプラットフォームを供給している。今回の調達で得られた資金を、同スタートアップは昨年4月にニューヨークに設立したアメリカの子会社「FreakOut International Inc.」のオペレーション強化に使いたいとしている。

今回の資金調達に先立ち、フリークアウトは日本のベンチャーキャピタル2社(詳細は非公表)から3億5,000万ドル(約370万ドル)を調達している。TechCrunch Japan は、現在の同スタートアップの企業価値は103億円(1億1,000万ドル)と報告している

----------[AD]----------