クラウドファンディングがベンチャーキャピタルに変わる?

SHARE:

【原文】

image credit: thestartup.eu
image credit: thestartup.eu

Taobao(淘宝)に出店しているアパレル販売店であるMirror Fun(名媛坊)は、オンラインのクラウドファンディングプラットフォームHong Ling(紅嶺)を利用し、94人の投資家から1500万元 (240万米ドル)を集めた。(中国語のレポートはこちらから

最も高い提供金額は35万元で、最も低い金額が5万元であった。レポートにあるように、多くの資金の提供者はアパレルセクターについて詳しくはなく、この企業についてもクラウドファンディングのサイトを見て知った個人投資家だ。

Mirror Funは、Taobaoに2008に開設し、2012年には800万元の利益を挙げたと開示している。年間の売り上げは2013年と2014年にそれぞれ前年の二倍になると予測されている。今回の投資でこの店舗は持ち分の15%を売却した。

Taobaoに属している店舗であるため、Mirror Funは、2010年に資金が必要だった時、銀行からお金を借りることができなかった。2010年の第4四半期、この販売店はHong Lingに相談を持ちかけ、2012年にはこのサービスで最も資金を調達した会社となった。この回の調達では以前にMirror Funに投資した投資家も含まれている。

クラウドファンディングサイトがVCの投資家に変わる

今回の話は、既存のチャネルからお金を借りられないオンラインの店舗がオンラインクラウドファンディングを利用することで成功した事例のように聞こえる。しかし、一つ指摘するなら、Hong LingはTaobaoにもファンディングを行っている。それも今回だけでなく以前にも一回行っている。

なので、Mirror Funの事例は、企業の既存の投資家が、もう一ラウンドの資金を集めるのを助けたということに近い。Hong Lingが今回イグジットしたかは定かではない。もしそうだとしたら、彼らは得たリターンは相当大きいものであっただろう。

Hong Lingは、彼らのビジネスがベンチャーキャピタルビジネスに移行していきていることを認識している。Hong Lingのファウンダーである、Zhou Shiping(周世平)は、彼らのプラットフォーム上で資金を必要としている企業のデータベースを作り、良い企業に投資しようとしている。「Hong Lingには毎年、資金を必要としている企業が1000社ほど登録しています。

Hong Lingは、それらの企業のキャッシュフローや財務状況について良く知っています。それは、追跡可能な企業のデータベースと言えます。その中から投資する企業を選ぶことは、比較的安全であると言えます。」とZhouは言った。

Mirror Funの事例は、Hong Lingが投資先を厳選して投資目標を設定することを、潜在的な投資家に対して見せる好機会となった。Mirror Funの以前にもHong Lingは同じファンディングを自分達で試み、158人の投資家から自分たちのプラットフォームのために資金を調達した。

しかし、プラットフォームの運営者による選択では、投資のリターンが確実に保証されているわけではない。ウェブページの向こう側で汚い取引が行われていたりしても知ることはできない。個別の投資家は、投資する企業に対してクラウドファンディングサービスが提供する以上のことを知ることができないため、リスクも高くなることもあり得る。

最近になって、オンラインの個人のファイナンシング分野での詐欺が目立ってきた。今の所、この新しい資金調達ビジネスのための規制がない。

他のクラウドファンディングサイトはどこに向かうか

いくつかのクラウドファンディングサービスの運営者は、彼らのウェブサイトは、資金を貸したい人と借りたい人が集まる場所として提供したいと思っている。彼らは、プラットフォーム上で資金の流れに携わるべきでないとかんがえているし、取引についても介入すべてきでないと考えている。規定は無いが、多くの似たようなサービスは2012年末に、自主規制を設け、投資家の資金やローンの自粛に同意した。

プラットフォーム上で直接、顧客に投資できるようになるまで、Hong Lingは顧客が詐欺を懸念していたことから、2010年から取引に関与していて遅れや債務不履行に対して保障していた。彼らは、それらの問題に対応する為、クレジットの保障会社まで立ち上げた。多くのサービスは顧客を獲得するため、Hong Lingの施策に追随した。

今の所、どのくらいのクラウドファンディングサービスがHong Ling を追って自身の持つ企業のデータベースを活かし、ベンチャーキャピタル投資家になるかは分からない。しかし確実に言えることは、借手側からしたら平等ではなくなってしまったということだ。

【via Technode】 @technodechina