マレーシアのタクシーアプリ、MyTeksiが収集したおもちゃや本を恵まれない子供たちに寄付

SHARE:

MyTeksi

Klang Valleyの住民がMyTeksiアプリを使って寄付した本やおもちゃがタクシーで本部まで届けられる。あなたもこの活動に参加しよう。

マレーシアのモバイルタクシーアプリMyTeksiは、NGOのScience of Life Studies 24/7(SOLS 24/7)と協力して英語の本や要らなくなったおもちゃを地方にいる恵まれない子供たちに提供する活動をしている。寄付ができるのはKlang Valleyにいる人々に限定されているが、このキャンペーンは2000人以上の子供たちを支援することになる。

この活動は週末にのみ行われる予定だ。寄付を行う人は8歳~14歳の子供向けのおもちゃまたは英語の本5点を寄付することが求められている。寄付をしたい人はMyTeksiアプリを使って任意の場所からMyTeksi本部(MYTEKSI HQ)までの予約を行うことで参加することができる。

grabtaxi

するとタクシーが寄付品を本部へ運び、その運賃は運転手が到着し次第MyTeksiによって負担される。寄付品は全て、恵まれない子供たちに配るために一度SOLS 24/7へ引き渡される。

MyTeksiのリージョナルマーケティングヘッドであるCheryl Goh氏によると、Minusuh(Sabah)やKulim(Kedah)、Sungai Suloh(Johor Bahru)のような地方にある20のおもちゃ倉庫をいっぱいにするのに十分なくらいのおもちゃや本を一般家庭から集めることが目標であるという。彼女はさらに、

「私たちの広大なネットワークを利用して、寄付をしてくれる方の家から寄付品をタクシーで4週間に渡って集めることができるので、寄付を行うことは大変簡単になっています。」

と付け加えた。

Goh氏はe27に対し、100人近くの方からこの2週間のあいだに数百のおもちゃや本を受け取ったと語った。

SOLS 24/7の共同設立者兼ディレクターであるRaj Ridvan Singh氏もこのキャンペーンについてコメントした。

「恵まれない地域にいる多くの子供たちは寄贈されたおもちゃや本の恩恵を大いに受けるでしょう。私たちはこうした努力を通じて、彼らの暮らしが少しでも明るくなるであろうことを心から信じています。」



【原文】