事故の瞬間、ジャケットがエアバッグになる世界初のオートバイ「Ducati Multistrada D-Air」

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



イタリアのオートバイメーカーDucati社は、「Ducati Multistrada D-Air」というモデルのオートバイを発表した。エアバッグ装備のライディングジャケットとオートバイが、ワイヤレスで連携するシステムを搭載した世界初のモデルとなる。

dair01

事故が発生し、オートバイに搭載されたセンサーが衝撃を感知すると、ワイヤレスでジャケットに信号を送り、わずか45ミリ秒で、ライダーおよび同乗者のジャケットのエアバッグが展開される。

dair02

このシステム自体は、イタリアでライディングウェアを手がけるDainese社が2012年に「D-Air Street」というライディングジャケットを開発・発表したもの。

「Ducati Multistrada D-Air®」は、Ducati社がDainese社と提携して開発したオートバイで、2014年5月より、ヨーロッパのみで発売される予定だ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録