「シュフティ」の在宅ワーカーに500円分の「Any+Times」クーポンを提供するコラボキャンペーンが開始

SHARE:

Any-Times

最近増えている大手や老舗×スタートアップによるコラボレーション。本日発表されたのが、生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニイタイムズ)」と主婦向けクラウドソーシング「シュフティのコラボ企画です。

エニタイムズがそのサービスを通して目指すのは、住民間の交流や地域の活性化。一方のシュフティは在宅ワークを通じた主婦の仕事と家庭の両立支援を目指しています。ターゲット層など共通点も多い2社がタッグを組み、シュフティが福利厚生の一貫としてエニタイムズを採用するもの

近所に頼れる家族などがおらず、周囲から子育てに対する十分なサポートが受けられないために仕事との両立をあきらめてしまう主婦に対して、「シュフティ」の在宅ワーカーの福利厚生としてエニタイムズの家事代行などの500円クーポンが発行されます。キャンペーン期間は、8月1日から8月30日まで。

2007年に始まり、これまでに5万6,000人を超えるユーザーが登録するシュフティ。まずはできることから再就職を目指したり、育児中でも社会とのつながりを求める女性が増える中、その実現の際にハードルとなる部分をアウトソースするという選択肢を後押ししてくれそうです。

 

----------[AD]----------