【#StartupAsia Tokyo 2014予告】創業者・南場智子氏が語る、DeNAのこれから

SHARE:

startupasia_tkyTHE BRIDGE のメディア・パートナーである Tech in Asia では、2014年9月3日〜4日、東京で初開催となるスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Tokyo 2014」を開催する。

この予告シリーズでは、開催日当日に向け、登壇者やイベント内アトラクションの紹介を中心に、イベントの全容をお伝えする。これまでシンガポールおよびジャカルタで、通算5回にわたって開催された Startup Asia については、ここから関連記事を閲覧できる。


namba-large

南場智子氏が従来からある考え方に従っていたなら、DeNA(東証:2432)は存在していなかっただろう。彼女は DeNA を始める前、有名コンサルティング会社マッキンゼーでは、勤続十年で日本で3番目の女性パートナーに就任した。それから三年後、彼女は自分の会社を設立すべく、マッキンゼーを後にした。

もともとは、オンライン・オークション・サービスを標榜していた DeNA は、ユーザを魅了し利益を確保することに苦労した。しかし2009年、DeNA はゲーム業界の可能性を探求し始めた。一年後、怪盗ロワイヤルに代表されるゲームに火が付き、企業価値は高いものとなり、南場氏が持つ資産は10億ドルを超え、彼女は日本社会の上層へと上りつめた。

DeNA はゲーム業界の乱気流に巻き込まれなかったわけではない。同社の売上は最盛期に比べれば鈍化しているものの、2013年現在18億ドルを稼ぎ出しており、同社が当初の成功を越えて、今後どう成長していくかについては皆が興味のあることだろう。

Startup Asia Tokyo 2014 で、南場氏は DeNA の将来や、日本のスタートアップ・エコシステムの現状について語ってくれる。カンファレンスの2日目、最初のファイヤーサイド・チャットで彼女は話してくれる予定だ。

南場氏への質問があれば、#StartupAsia のハッシュタグをつけて、Twitter でつぶやいてほしい。Startup Asia Tokyo で会えるのを楽しみにしている。

写真は、伊藤穣一氏の撮影によるもの(Flickr より転載)。

Startup Asia Tokyo 2014 の入場チケットはここから購入可能。
THE BRIDGE 読者向けの割引コード「readthebridge」の入力で入場料が25%割引になります。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】