インスタントカメラ「Lomo’Instant」のKickstarterプロジェクトが終了、目標金額の10倍以上111万ドルを集める

SHARE:


5c7c4a5f6bc0a4e47a72bec4280c5372_large

Lomographyが開発したインスタントカメラ「Lomo’Instant」のKickstarterのプロジェクトが終了した。10万ドルの目標額に対して10倍以上の111万8333ドルを調達した。インスタントカメラ「Lomo’Instant」は先日日本国内でもクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金調達を行い、1日足らずで目標金額をクリアしている。

「LOMO’INSTANT」は富士フイルムのインスタントカラーフィルム「instax mini」を使用するカメラだ。標準搭載のワイドアングルレンズの他、魚眼レンズ、ポートレイトレンズが接続可能となっている。3つのフラッシュモードを搭載しており、多重露光、長時間露光も可能。カラーは4色で、White Edition、Black Edition、Sanremo Edition、Kickstarter Special Editionを用意する。

Lomographyによると、現時点においてLomo’Instantが市販の価格は120~150ドルを予定しており、販売開始時期は2014年11月を予定しているという。

----------[AD]----------