モバイル・インターネット市場における最新投資先データ

SHARE:
mobileinternet
Image by Simon Cunningham

<ピックアップ>Mobile Internet investment hits record $19.2B – up 232% in last 12 months

10月29日、投資アドバイス企業のDigi-Capitalから2013年の第3期から2014年の第3期までの1年間に渡るモバイル・インターネット市場における投資先データが発表されました。

記事によると、モバイル・インターネット市場において、計192億ドルもの投資がされていたことがわかりました。モバイルコマース向けの投資が42億ドルされており、投資先市場としては最大とのことです。以降第2位が旅行分野で33億ドル、3位がユーティリティ分野で18億ドル、そして4位ゲーム分野が11億ドルです。

一方、投資リターン率から見て上位4つを挙げると、旅行分野が78%、ソーシャル・ネットワーク分野が45%、ナビゲーション分野が43%、そしてメッセージ分野が40%となっています。モバイルコマース分野での投資リターンはマイナス43%となっています。

今回出されたデータを見ることによって、モバイル・インターネット市場のトレンドがわかります。また特に投資規模、投資リターンでも上位にいる旅行分野には今後注目されるでしょう。このレポートによると、アジアにおけるモバイルを使った旅行関連の予約は、2010年度では4.5%ですが、2013年度には5倍以上の22.9%にまで成長したと公表しています。

この2013年度の数値は世界で最も大きなものであるため、日本を含めたアジアの旅行産業がいかにモバイルと相性がいいかを物語っていると言えるでしょう。いずれにせよ、これからのモバイル・インターネット市場でどの分野が成長していくかには注視していくべきだと思われます。

via VentureBeat