アイドル応援アプリ「CHEERZ」が多言語対応、ユーザの応援回数は4000万回を突破

by Junya Mori Junya Mori on 2015.3.6

cheerz

フォッグが提供しているユーザ参加型アイドル応援アプリ「CHEERZ(チアーズ)」が、本日より多言語化に対応した。これにより同アプリは海外展開の本格化を図る。今回対応した言語は、英語と中国語(繁体字)。後日、フランス語にも対応予定となっている。

「CHEERZ」内では、ユーザがお気に入りのアイドルが投稿した写真に対して、「CHEER(応援)」というボタンをタップすることで、応援することができ、「CHEER」数の多さでランキングが決まる。今回のリリースの段階では、アイドルの写真にされた「CHEER」数は総累計が 4,000 万回を越えているという。

「CHEERZ」は、昨年12月にアプリをリリースし、2015年1月末には190カ国からアクセスされた。日本のガールズポップカルチャー情報を世界に配信する情報サイト「Tokyo Girls’ Update」を運営するオールブルーとの協業を発表している

「Tokyo Girls’ Update」との協業に加え、今回の多言語対応によって、「CHEERZ」は世界展開への準備を着々と進めている。今後さらに海外展開を加速させていく「CHEERZ」。アイドル応援というカルチャーがどれだけ世界で通用するのか、ウォッチしていきたい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------