Xiaomi(小米)、わずか322米ドルの超低価格40インチスマートテレビを発表

by TechNode TechNode on 2015.4.2

6

Xiaomi(小米)は本日、40インチモデルのスマートテレビMi TV 2(小米電視2)を公開した(編集部注:原文掲載3月24日)。中国のスマートデバイスブランドである同社は、高スペックのガジェットを低価格で販売することで知られている。Mi TVシリーズもその例外ではない。この新しいスマートテレビの価格はわずか1999元(322米ドル)で、3月31日から販売される予定だ。

スペックに関しては、Mi TV 2は40インチのSharp SDP X-Genディスプレイを採用し、画面解像度は1920 x 1080である。MI UI上で動作し、クアッドコアのMStar 6A908 Cortex-A9 CPUとMali0450 MP4 GPU、そして1.5GB のRAMと8GBのフラッシュメモリを搭載している。

加えて、Mi TV 2は幅広いビデオコンテンツが利用できる。認可コンテンツプロバイダーのGITV(銀河互連網電視)や動画共有サイトのTudou(土豆)、iQiyi(愛奇芸)、Xunlei(迅雷看看)、Huace Film & TV(華策影視)、PPSなどだ。同社によると、これまでに約24万時間分の著作権付き動画が集約されているという。

このスマートテレビ販売促進に向けて、Xiaomiは昨年デジタルコンテンツへ10億米ドルを投資した。この投資の大部分は中国の主要ストリーミング動画共有サイトであるYouku TudouiQiyiに対して行われた。

この製品にはさらに、Xiaomiゲームパッドと連携できるビデオゲーム、オンライン教育や音楽コンテンツなどが利用できるエンターテイメントセンターが組み込まれている。

Xiaomismarttv-1

より大きくて安いテレビが求められる中、40インチモデルは画面が小さすぎるのではないかという懸念もあったが、特に寝室に2台目のテレビが欲しい人たちにとってはいまだ魅力的だ。

Xiaomiは昨年5月、640米ドル相当の価格で49インチのMi TV 2モデルをローンチしている。今回の40インチスマートテレビが加わることで、Mi TVのラインナップが完成した。

スマートテレビの公式ローンチに先がけて、Xiaomiは2種のモデルを発売すると多くの人が憶測していた。1つは55インチの4K対応テレビ、もう1つはフルHDでそれよりサイズの小さい型のモデルだ。実際の製品は、これらのような期待されていた内容には及ばないかもしれないが、それでも価格の低さを考えればユーザにとっては価値がある。

スマートテレビの技術が進歩したことにより、このセクターは急速に発展した。LeTVのレポートによれば、中国のスマートテレビの年間売上は2014年に3000万台を超えその市場浸透度は70%近くにおよび、2015年中には85%に達する見込みである。

スマートテレビセクターにおいてXiaomiの1番のライバルであるLeTV(楽視)は、Xiaomiと真っ向から勝負する新商品を4月2日に発売する予定だ。

【via Technode】 @technodechina
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------