人材系スタートアップのsmiloops、動画採用選考ツール「エントリームービー」をエン・ジャパンに事業譲渡

by Junya Mori Junya Mori on 2015.5.19

Entry Movie

チャットで転職相談が可能なアプリ「ジョブクル」を開発・運営する人材系スタートアップsmiloopsが、運営していた動画採用選考ツール「Entry Movie(エントリームービー) 」をエン・ジャパンに事業譲渡した。

「エントリームービー」は、書類選考(エントリーシート)の代替となる動画採用選考ツール。エン・ジャパンはsmiloopsから「エントリームービー」の事業を譲渡されることで、エン・ジャパンが従来から提供している適性テストに加え、新たな採用選考ツールの1つとして、企業の採用支援に活用していく予定。

smiloopsが「ジョブクル」より前にリリースしていた「エントリームービー」の元となる事業案は、仲子拓也氏が参加していたインキュベーションプログラム「Incubate Camp 6th」で登場していた。

関連記事

今後、「ジョブクル」にリソースを集中させていくsmiloopsの動きに期待したい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------