韓国の医療情報スタートアップ「GooDoc」が日本市場に上陸、病院検索モバイルアプリの日本語版をローンチ

SHARE:

goodoc_featuredimage

モバイル医療情報スタートアップの GooDoc(굿닥)は、モバイル・スタートアップ統括企業 Yello Mobile に所属している。GooDoc は今日(原文掲載日:6月2日)、韓国随一の医療情報提供モバイルアプリ「GooDoc」を日本市場向けにリリースした。Google PlayiTunes AppStore からダウンロードできる。

<関連記事>

GooDoc は、人々がより簡単かつ迅速に医療関連の情報を確認できるように、近隣の病院と薬局を探す「コンテキスト病院検索」、医師に相談できる、「GooDoc Cast(おすすめ健康常識)」など、便利なサービスを提供している。2012年に韓国国内でローンチ後、今年5月現在で累積ダウンロード数は170万件に達している。

GooDoc 日本版では、日本の病院約15万件の情報が掲載されており、利用者に良い反応を得ている近隣病院を検索できる機能や、「コンテキスト病院検索」「GooDoc Cast」などの主要なコンテンツを優先的に公開した。夜間、昼食時間などの特定の時間帯に診療可能な近隣病院を、ワンタッチで見つけられるリアルタイム診療機能についても、日本版にそのまま適用した。

また、小児科、小児耳鼻咽喉科、小児外科、小児皮膚科など、診療分野が細分化されている日本市場の特性を反映し、「テーマ別病院検索」「My 詳細科目別検索機能」を追加するなど、ローカリゼーションにも注力した。

GooDoc 代表のパク・ギョンドク(박경득)氏は、次のようにコメントしている。

韓国の人口の2倍以上が密集する日本市場を先取りし、GooDoc の優位性を再度証明し、これを皮切りに、海外進出に拍車をかけたい。徹底した準備期間を経て発売したので、早期に多くの日本人のスマートフォンの常備アプリとして、目に見える成果を出せるようにしたい。

(編注:日本のこの分野におけるサービスとしては、EST DocCalooQLife などが存在する。)

goodoc-japanese-screenshots

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】