Microsoftが地図データの収集をストップ、部門をUberに譲渡

SHARE:

Bing Maps

<ピックアップ>Microsoft Stops Collecting Own Map Data, Sells Part of Business to Uber | Re/code

Microsoftが自社の地図サービス「Bing Maps」のデータを自分たちで集めることをストップしました。今後は、パートナーから供給されたデータを用いて地図サービスを提供していくそうです。パートナーとなったのは、Uber。

この動きに伴い、Microsoftは地図データの技術をUberに譲渡。UberはいくつかのMicrosoftが持つカメラやライセンス等の知的財産とデータセンターもMicrosoftから買っているとRe/codeは報じています。この取引における金額は非公開。

via Re/code

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録