Alibaba(阿里巴巴)がインドのモバイル決済大手 Paytm に6億8000万米ドル規模の戦略的投資、評価額は40億米ドルに

by Michael de Waal-Montgomery Michael de Waal-Montgomery on 2015.10.14

via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Erik (HASH) Hersman“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

中国の大手eコマース企業Alibabaは火曜日、モバイル決済・eコマース業界におけるインド最大手のPaytmに対する戦略的投資を発表した(編集部注:原文掲載9月29日)。金額は公表されていないものの、複数のレポートによると6億~7億米ドルだとされている(詳細はこちらこちらから)。もしこれが本当であれば、Paytmの評価額は40億米ドルまで上がり、インドで最も価値のあるスタートアップの1社となるだろう。

今回の発表で明らかにされているように、Alibabaが新規投資家として参加している一方、Ant Financialは今年の2月にPaytmに初期投資を行っている。知らない人のために説明すると、Ant Financialはオンライン決済プロバイダでAlibaba Group Holdingsの子会社である。Paytmは最近、eウォレットユーザが1億人を超え、毎月7500万回以上の取り引きを行っていると述べた。これは驚異的な数字である。

これら数字を合算し、またこれまでの報道を見ると(実はこの交渉話の進展は相当長い間続いていた)、AlibabaとAnt FinancialはPaytmのそれぞれ20%を所有することとなる。これは、中国のeコマース最大手とモバイル決済最大手が、インドのeコマース最大手企業の40%を所有することを意味する。インドと中国が予測可能な未来において、成長面で最もホットな市場であることを考え合わせると、グローバル市場の中で決して侮れない脅威となるのではないだろうか。

「新しい資本の投入で、Paytmはインドの活況あるモバイルコマースや決済エコシステムを発展させ、資本をマーケティング、技術開発、人材の発掘に活かすことが可能になるでしょう。今回の出資は、事業規模から見ても世界最大手のオンライン・モバイルコマース企業であるAlibabaが国際的にeコマースビジネスを継続して推し進めていく決意表明を示すものです」と共同声明で述べた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------