終了した「Evernote Food」ユーザの救済のため、ご飯記録アプリ「meal」がEvernote連携機能を提供開始

by Junya Mori Junya Mori on 2015.11.17

meal top

ご飯記録アプリのmealが、Evernote連携機能の提供を開始した。mealをEvernoteアカウントと連携させると、Evernoteに食事の写真を自動でアップロードすることが可能になる。mealは、2015年6月にリリースされ、現在までに約3万ダウンロード、64カ国のユーザに利用されているアプリ。

関連記事


meal evernote meal evernote1

この連携機能では、一度Evernoteと連携させれば、後はmealに食事の写真を撮影もしくは保存する度に、自動でEvernoteにアップロードし続けることができる。

Evernoteは2015年9月まで約2年間「Evernote Food」という食事の記録をするサービスを提供していた。サービスの終了に伴い、「Evernote Food」の利用者が困っているとの声を耳にしたmeal開発者の後藤理華氏は、mealのEvernote連携機能をリリースした。

大きな企業が運営するサービスでは、「Evernote Food」のようにサービスの提供が終わってしまうことも珍しくない。だが、利用しているユーザは存在していたはずだ。mealのように、個人で開発するサービスがそうしたユーザを救済することで、ユーザもデベロッパーもハッピーになることができるのではないだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------