シンガポールのアクセラレータ「JFDI」の2015年後半バッチを卒業したスタートアップ8社を紹介

SHARE:

JFDI-Demo-Day

Joyful Frog Digital Incubator(JFDI)の共同設立者で会長である Wong Meng Weng 氏は、e27でのインタビューにおいて、JFDI のアクセラレータプログラムに参加するスタートアップにはある「秘密の部分」があると語ったことがある。

昨日開催されたデモデイにおいて、100名を超える投資家の前でJFDIの2015Bバッチ卒業生である8つのスタートアップがピッチを行い、100日に渡るアクセラレータプログラムを終了した。

これらスタートアップのうち Fynd、Roomfilla、Play2Lead、CodeCloud などはその「秘密の部分」を持っているとJFDIは考えており、たとえこれらの企業がそれぞれ成長していたにせよ、e27 にとってはすでによく知っている企業である。

それぞれ8.888%のエクイティで JFDI から5万シンガポールドル(以前のバッチで受け取った額の2倍)の出資を受けたこれらスタートアップについて見ていこう。

1. Roomfilla

roomfilla_featuredimage

イギリスとタイに拠点を置くスタートアップ Roomfilla は、第三者不動産マネージャーを運営しており、Airbnb や Wimdu、Travelmob など15に及ぶサイトでの短期賃貸を通して、不動産投資家がより高いリターンを得られるようにしている。

同社はまた、宿泊客がミニバーやランドリー、レンタカー、パッケージツアーなど、利益率の高い高級サービスを得られる接客サービスも提供している。設立者である CEO の Stuart Lansdale 氏によると、同社はすでに今月にも収支が合う目処が立っているという。

2. InfoGym

infogym_featuredimage

InfoGym はスポーツジムの関係性を再定義し、ジム、トレーナー、エンドユーザをつなぐ仕組みを提供している。

InfoGym はユーザに代わって、ウェアラブルやパーソナルトレーナーによるレッスンのデータを収集し、個人用のフィットネスダイアリーの役割を果たしてくれる。

また、ユーザのジムでの活動情報を集めて分析し、顧客エンゲージメントのための貴重な意見をリアルタイムで提供してくれる。InfoGym はノルウェー拠点で Tor Ivar Våge 氏が CEO を務めているが、同社によれば、このアプリによってヨーロッパの顧客ジムの退会率は30%減少したという。

トレーナーを対象にする InfoGym は、顧客用トレーニングメニューと食事療法の作成を提供している。2014年の終わりにローンチされ、エンドユーザ数8万、総収入は30万シンガポールドル(21万4,868米ドル)である。

シンガポールとアジア地域で既に実績があると考えられているこのシステムを再現し拡大するために、同社は資金提供を求めている。

3. Eventory

eventory_featuredimage

20代前半の3人の共同設立者たち(CEO の Yu Shengkun 氏、COO の Tong Zhi Heng 氏、 CTO の Peng Shensong 氏)が、ここに紹介するスタートアップの中で最も若いチームであるこのEventoryは、イベント主催者とブランドマネージャーそしてベンダーをマッチさせるリードジェネレーションプラットフォームである。

イベント主催者にとっては、Eventory はイベント参加に興味のあるブランドマネージャ―と結びつけ、収入増加の支援をしてくれる。ブランドマネージャーにとっては、今後予定されているイベントに参加者をどう取り込んでいくか、パートナーシップの機会を設けてくれる。

食事、飲み物、開催地、椅子やテーブルなどを供給するサービスベンダーに対しては、サービスを宣伝する場所と契約を管理する場所を提供し、イベント主催者と知り合うことでネットワークも広げてくれる。

4. Play2Lead

play2lead_featuredimage

Play2Lead は会社の研修を楽しく、記憶に残り、また測定可能なものにすることで、企業が優れたサービスを提供する手助けをしてくれるモバイル・ウェブ向けのゲーム化アプリケーションだ。

Play2Lead はB2Bマーケティング、製品開発、市場調査の分野で20年の経験を持つ Theresa Lim 氏によって設立された。同社のアプリは会社の従業員全体が参加し学習した後、自分たちで考え望ましい行動の変化へとつなげていけるように、企業の研修担当者がクイズや投票、アクティビティを含む研修を行えるようにしている。

5. CurrentDraw

currentdraw_featuredimage

CEO の William Yang 氏と CTO の Kasim Du 氏によって共同設立された CurrentDraw は、Google Docs のような共同作業を可能にする電子設計のためのウェブアプリだ。Alibabaのようなマーケットプレイスのプラットフォームをアプリに直接統合させた機能がある。

6. CodeCloud

codecloud_featuredimage

CodeCloud は、自身でプログラミングできなくてもスタートアップのアイデアを実際に動くコードに変換してくれる。#AppFactory の筆者であり、10年のプログラミングと5年のプログラミング教育の経験を持つMike De’Shazer氏によって設立された。

7. Fynd

fynd_featuredimage

Fynd は電話の修理屋を探す手間を省いてくれる。このソフトウェアプラットフォームは優秀な技術者を自宅や職場に派遣してその場で修理を行ってくれる。技術者は独立した委託のスタッフだ。

現在シンガポールと香港で運営中の同社がこれまでに修理した携帯電話は2,900台以上にのぼり、現在は月に660台の修理を手掛けている。

8. Execuvite

execuvite_featuredimage

多国籍eコマース企業の Qnet の前 CEO である Dave Osh 氏と Stanley Black and Decker に買収されたシンガポールのスタートアップ Sentient の前 CTO 、James Barwick が共同設立した Execuvite は、企業がフリーランサーをチームとして雇うことができるマーケットネットワークである。

Execuvite は、一人では大きすぎるプロジェクトを扱うフリーランサーコミュニティだ。Execuvite のマーケットネットワークは、取引が行われるマーケットプレイス、パートナーシップが形成されるネットワーク、プロジェクト管理やコミュニケーション、コラボレーションが行われるSaaSプラットフォームの3部門に分かれている。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------