ホームセキュリティ「Secual」が約6000万円を調達し、不動産・民泊の事業会社たちと資本業務提携を結ぶ

by Junya Mori Junya Mori on 2015.12.25

Secual

ホームセキュリティサービス「Secual」を提供するセキュアルが、約6000万円を資金調達した。第三者増資の引受先は、アドベンチャーとAMBITIONの2社に加え、個人投資家など。

賃貸住宅事業を展開するAMBITIONと、民泊事業を展開するアドベンチャーの2社とは、出資に留まらず、資本業務提携となる。賃貸住宅や民泊は、スマートロックやホームカメラなど、スマートホーム関連のプロダクトとは相性がいい。

セキュアルは、資金調達により体制の強化を図ることができるメリットに加え、ユーザニーズが高そうな領域へとサービスを普及しやすくなるメリットがある。

「Secual」は今年の後半クラウドファンディングによる資金調達を達成。12月1日には、iPhone・iPad関連サービスのレビューサイト「AppBank」が運営するオンラインショップ「AppBank Store」での予約販売、不動産ネット接客サービス「ietty」とのモニターキャンペーンを開始している。

その際の取材でも、セキュアルは今後、相性の良いユーザがいそうな領域へとアプローチを続けていく予定であることを明らかにしていた。今回の資金調達により、体制の強化と潜在ユーザがいる領域へのルートを獲得したセキュアルは、よりペースを上げていくと考えられる。

「Secual」は、2016年2月の正式出荷に向けて開発段階に入っている。



ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------