シンガポールのJFDI Asiaが、今年2回目のアクセラレーション・プログラム参加スタートアップを募集開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2013.6.26

世界的なインキュベータ・ネットワーク「TechStars Global Accelerator Network」にも加入する、シンガポールのスタートアップ・アクセラレータ JFDI Asia が今年2回目のアクセラレーション・プログラム参加スタートアップの募集を開始した。このプログラムは8月から開始され、参加スタートアップは 100日間のプログラム実施期間を経て、年末に Demo Day で成果を披露することになる公算だ。

参加を認められるスタートアップには、少量の株式を同アクセラレータに提供するのと引き換えに、以下の支援を得ることができる。

  • 1.5万シンガポールドル(115.6万円)の現金
  • 15万シンガポールドル(1156万円)相当のメンタリング
  • 30万シンガポールドル(2312万円)相当のベンダー特典
  • サービスやアプリの開発に必要な場所(シンガポール・Blk 71)

以下は、JFDI Asia の設立者 Hugh Mason と Meng Weng Wong からのコメントだ。

jfdi
Hugh Mason と Meng Weng Wong

Hugh Mason

これまで、JFDI Asia に選ばれたスタートアップの60%以上が、アクセラレーション・プログラムを終えてまもなく資金調達を成功させており、一社平均の調達額は65万シンガポールドル(約5,000万円)に上ります。この好成績が導き出せているのは、国籍に関係なくベストなチームを集め、自らビジネスを構築し売却した経験のあるチームやメンターと共に、熱烈かつ協調して仕事できる体験を提供できているからでしょう。

Meng Weng Wong

我々は、スタートアップのために仕事しています。スタートアップが主役で、我々がコーチです。そのような精神のもと、プログラムの応募プロセスが、外部からも見えるようにしています。次回のブートキャンプに受からなかったスタートアップも、ガイダンスやサポートを提供するに値するからです。

シンガポールのスタートアップが集まるメッカ「Blk 71」の JFDI Asia のインキュベーション・スペースには、12のスタートアップを受け入れるデスクが用意されている。このデスクをめぐって、既に280以上のスタートアップから事前申込が届いているとのことだ。今回からプログラムに参加できるスタートアップの選抜プロセスにおいては、(JFDI の名前の由来、キャラクタの蛙になぞらえて)Frog Score という加点方法が採用されている。日本からの応募も期待しているとのことだ。(これまでにも、日本から複数のスタートアップが JFDI Asia のアクセラレーション・プログラムに申し込みがあった。)

募集対象となるスタートアップは、まだアイデアしかないチームから、既に一定数のユーザを抱え投資を待つスタートアップまで。プログラムへの参加が認められた後には、シンガポール国内に会社を既に登記しているか、再登記が求められる。プログラムへの応募はこちらから。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------