ケーブルホルダーと合体するモバイルバッテリー「bump」は、壁から充電も可能

by Kazuyuki Abe Kazuyuki Abe on 2016.4.9

bump

ポップなカラーリングとユニークな形状の充電器「bump」がプレオーダーを受付中だ。

「bump」は、バッテリー本体、充電用ケーブル、ケーブルホルダーの三点からなるモバイルバッテリーセットだ。

メインは、マウスのような丸みを帯びた形状で、3,400mAの容量のモバイルバッテリーだ。折り畳み式のウォールプラグも搭載し、必要な時はコンセントにさして充電アダプタとして利用することができる。

bump

もちろん、壁のコンセントから取り外せば、通常のモバイルバッテリーとしても利用できる。

また、フラットタイプで絡まりにくい1mの充電ケーブルが付属する。Lightning ケーブルと USB ケーブルの二種類が用意され、どちらかを注文時に選ぶことができる。

bump

このケーブルを収納できるのが、付属するホルダーだ。シリコン樹脂でできたドーナツのような形状のホルダーの内側に1mのケーブルをきれいに巻き取ることができるようだ。

このホルダーにケーブルを巻き取った後、バッテリー本体もホルダーにドッキングすることができる。カバンの中でバラバラになってしまいそうな3点をコンパクトに1まとめにして持ち運ぶことができるのはありがたい。

bump

カラーは、ブラック、パープル、レッド、ブルーの4色から選択可能。

現在、専用サイトでプレオーダー受付中で、1セットの価格は65ドル。2016年5月の発送が予定されている。

日本への発送も可能なので、ユニークなデザインの製品が好きな方は、チェックしてみてはいかがだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------